2008年10月21日

「なめ茸」の作り方

ナメコの発生は例年11月〜12月なので、油断していたらヤマザクラのホダ木にたくさんのナメコが!しかも、ほとんど開ききって表面も乾燥してしまっていました。急いで収穫し、とりあえず水洗い。

DSCF3528.jpg
とりあえずざる一杯収穫

で、いつも通りみそ汁に入れるかとも思いましたが、先日久しぶりに食べた「なめ茸」がおいしかったので、それに似たものを作ってみようと思い、やってみました。
ちなみに市販の「なめ茸」は、いろいろなメーカーから出ていますが、そこで使われているキノコはナメコではなく、エノキダケです。

以下にその作り方。

1.ナメコを下茹でして、その汁を捨てる。この行程はたぶんきれいに処理できたナメコなら必要ないが、今回のナメコは乾燥して色々汚れがこびりついていたので、それを落とす意味も込めてこの行程を追加。

2.水を切ったナメコを細かく切り、鍋に入れ、日本酒、みりん、砂糖、醤油、お酢をそれぞれ好みの量で投入。あとはそれを煮詰めていけば、ナメコのとろみも出てきていい感じにできあがります。

DSCF3530.jpg
冷やすとプルプルに固まります

…が、いまいちサッパリしていて市販のあの味が出ていない!
ということで、今回は台所に置いてあった「中華スープの素」をちょこっと投入。これで一気にあの味が再現されました。恐るべし化学調味料。
こういうのがいやな人は最初の段階から天然ダシを加えておくとよいでしょう。


posted by 豆狸 at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

山栗拾い

仕事中の昼休みに栗拾いをしました。拾った栗は山に自生している山栗です。シバ栗とも呼ばれる栗で市販されている栽培品種の丹波栗などと比べると実がずいぶん小さいですが、甘みが強いと言われています。

CA340135-0001001.jpg
けっこうたくさん採れました

今回拾った場所には鹿とネズミかリスのような小動物は来ているようですが、イノシシは来ておらず、意外と残っていました。

CA340136-0001001.jpg
今回の栗は、友人の新婚家庭へもらわれていきました

posted by 豆狸 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

書籍紹介『日本ミツバチ―在来種養蜂の実際』


『日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)』

熊による被害のため、いったん中断となってしまった我が家の養蜂ですが、この春からニホンミツバチの養蜂を始めるにあたって参考にした本を紹介します。
農山漁村文化協会の新特産シリーズから出ている本です。このシリーズはシイタケ栽培やヤギの飼育、渓流魚の養殖など多彩な分野をきっちりと商売にする目的をもって書かれており、大変面白いです。他のものもまたいつか紹介したいと思います。
で、この「日本ミツバチ―在来種養蜂の実際」も、実際の飼育法にとどまらず、自然分蜂群の捕獲法から蜜の販売まで幅広くカバーしています。来春は私も蜂飼いの先輩の意見とこの本を参考に蜂群の捕獲をがんばりたいと思っています。

あと、どちらかというとミツバチの生態や伝統的飼育法などについてわかりやすくまとめた本もあり、こちらもオススメです。
また、「月刊 たくさんのふしぎ 2008年 10月号」でも、宮崎のニホンミツバチの伝統飼育が紹介されており、カラー写真が豊富で大変参考になります。


『ニホンミツバチの飼育法と生態』

posted by 豆狸 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

今季最後のウナギ

今季最後となるであろうウナギ捕りに行きました。
…と言っても、前回の初ウナギ(8/17)以来の川行でして、雨やらなんやらと理由を付けて今年は全然ウナギ捕りに行けませんでした。来年はもうちょっと気合いを入れ直したいところです。

DSCF3447.jpg
太さの割りに短いです

DSCF3449.jpg
顔はいいサイズなんですが…

さて、今回のウナギは顔だけ見ると1kgはありそうな感じだったんですが、クーラーボックスに放り込んでみると妙に短い…。うーん、これは900gも割りそうだなーと思って帰宅し、秤に載せてみると790gしかありませんでした。今年最後のウナギだけになんとも残念ですが、まあこれでも市販のウナギの3尾分はゆうにあるので、我慢しましょう。

DSCF3450.jpg
名残惜しい今年最後のウナギ

川と言えば、モクズガニもそろそろシーズン終盤なのですが、なかなか行けそうもないなあ。
posted by 豆狸 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イノシシの大腸の処理

気づけば、猟期までもう1ヶ月強になりました。
まだ微妙に昨猟期の肉などが冷凍庫に入っているので、それの処分を継続中で、今回はイノシシの大腸を食べました。

このイノシシは昨年友人が獲ったもので、結構な年寄りのオスイノシシだったので、腸に付いたニオイもなかなか取れませんでした。何度も塩もみしてまあこんなもんか、という感じで冷凍しておいたものでした。

DSCF3454.jpg
解凍した状態です。見た目はきれいですが…

今回、水に漬けて解凍してにおいをかいでみるとまだまだ臭い…。2度ほど再度塩もみしてみましたが、どうしてもニオイはとれず、そのまま焼いて食べてみるも駄目。

しかたなく、生のまま焼くのはあきらめ、ゆでてみました。2度ほどお湯を換えてゆでこぼしたところ、ほぼニオイは無くなりました。

DSCF3455.jpg
ゆでたもの。これを適度なサイズにカットして再度ゆでました

で、そのゆでたものを網で焼いて食べました。なかなかおいしかったですが、やはり年取ったイノシシの内臓は処理もなかなか大変だと思った一日でした。

まだ、小腸も残ってるんですけどね…。
posted by 豆狸 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。