2008年07月06日

マムシの水換え

以前、捕獲してマムシ酒にするために泥抜きをしているマムシさんですが、いたって元気です。普段は存在も忘れていますが、テレビの横に置いているので、たまに気づいてドキッとします。

この間、週に1回くらいのペースで水換えをしています。泥抜きというのは、何もエサを与えず、排泄だけさせて、胃や腸の中をきれいにするのが目的です。なので、濁った水に入れておくとまたそれを飲んでしまうので、汚れたらさっさと換えてやる必要があります。

DSCF2866a.jpg
赤く見えるのがダニ。この時はまだ噛みついています

今回の水換えで、何かペットボトルの下に赤い実のようなものがあるなあと思ってよく観察すると、捕獲時からマムシの鱗の間にかみついていたヤマダニでした。焼酎に漬ける前に何とか取らないといけないなあと思っていたのでよかったです。やはりダニは水に付けとくと生きていけないということもわかりました。

DSCF2870.jpg
きれいな水になりました


※糞出しのための生きたままのマムシの保存は、「特定動物の飼養又は保管の許可」について定めた動物愛護管理法第26条に抵触する可能性がありますのでご注意下さい。
posted by 豆狸 at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎回、マニュアルのように拝読させて頂いております。
先日、職場に出たマムシ2匹を猟仲間と2人で捕獲し、それぞれ1匹づつ分けました。そして、ペットボトルに入れたマムシを眺めていたところ、大きいダニが2匹くっついているのを発見したので取ってやりました。
その後、自宅に持って帰り3日目の今日、またダニが1匹くっついているのを発見しました。多分最初からくっついていたけれど、小さすぎて分からなかったものだと思います。
マムシ自体が水に浸かっていても、結合しているダニは死なないものなんでしょうか。また、ダニを取り除いた跡の傷は、焼酎に漬け込むときに腐りの元になってしまわないでしょうか。
それと、やっぱりダニは漬け込むまでに取ってやった方がいいですよね…1人だと心細くて…
Posted by 女性ハンター at 2013年07月29日 09:29
女性ハンターさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
「職場に出たマムシ」っていうのがよいですね(笑)
マムシ、意外とダニにやられてますよね。
私は完全にほったらかしで、そのまま漬け込んでます。
1ヶ月くらい水につけててもダニもそのままひっついてるので死んでないんでしょうね。
マムシの傷は問題ないと思います。むしろそこからはやく焼酎が染みこんでよいかもしれません。
Posted by 豆狸 at 2013年07月29日 22:06
御教示ありがとうございます。
ダニは放置で大丈夫と聞いてホッとしました。傷も、それほど気にする必要はないんですね。
しかし、世話(と言っても水換えですがw)をしているうちに愛着が湧いてきたのと、子供に焼酎漬けの話をすると「可哀想だから逃がそう」と言われたりして、恥ずかしながら決心が鈍ってきています(笑)
今の職場には昨年異動してきたのですが、とても田舎で自然の恵みいっぱいの場所にあります。
猪や鹿(仕事が多忙で、名ばかりの狩猟免許…主に猟仲間からの差し入れです)はもちろん、筍・破竹・イタドリ・クサイチゴ・蕨など、山からのお裾分けを有難く頂いています。まだまだ職場周辺の探索をしていこうと思っています。
Posted by 女性ハンター at 2013年07月30日 10:52
女性ハンターさん、おはようございます。
確かにマムシもよく見るとかわいいですよね。そして、生き物を殺すということ、それを食べたり、利用するということを子どもにどう伝えるかというのも、私もよく悩んだり迷ったりします。

よい環境の職場ですね。生活する場所の近くでいろいろな山の恵が手に入るというのが一番良いですね。
Posted by 豆狸 at 2013年07月31日 05:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック