2008年07月20日

尺アマゴをゲット

先日、行きつけの川に潜りに行って来ました。メインのターゲットはウナギだったのですが、残念ながら目撃できずでした。

DSCF3045.jpg
いい顔付きです

で、唯一捕獲したのがこのアマゴ。サイズを測ると36cmありました。なかなかのサイズです。体の模様はほぼ消えており、銀色でした。一部の漁協では成長が早い外国産のマスとアマゴの交雑個体の放流を行っているという噂があり、それらは通称「シルバー」と言うらしいので、ひょっとするとそれらの個体が生き残ったものなのかもしれません。さばいた時の身の色も、普段のアマゴのピンクっぽいものより、ややオレンジっぽい気がしました。

DSCF3048.jpg
なかなかのサイズです

アマゴもこれくらいのサイズになると、刺身がおいしいのですが、川魚ゆえ寄生虫が怖いです。サケマス類では低温で1日から2日冷凍するとほとんどの寄生虫が死滅するので、生食が可だとよく言われますが、その辺のことの事実関係を詳しく知りたいです。
ま、「自己責任」という便利な言葉のもと、我が家では鹿刺し同様普通に食べられておりますが…。

DSCF3049.jpg
三枚に下ろしました
posted by 豆狸 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック