2008年07月21日

キイロスズメバチ襲来

今日の朝、久しぶりにのんびりと巣箱を観察していると、突然大きな羽音とともにキイロスズメバチが飛んできました。で、様子を見ていると巣門の前でホバリング飛行をし、働き蜂を捕獲しようと攻撃を繰り返しています。

DSCF3066.jpg
フラッシュをたいたので、夜のような写真になってます

しばらく観察した後、ミツバチが防衛行動を取るような気配もなかったので、木の板ではたき落として駆除しました。ニホンミツバチはオオスズメバチやキイロスズメバチの襲来に対し、集団で周りを囲んで発熱し、熱殺する「蜂球」を作るというのが有名ですが、それは今回は見られませんでした。

DSCF3065.jpg
最近の花粉団子は白っぽいです。何の花なのでしょう

しかし、キイロスズメバチはそんなに対した被害は出ないそうですが、オオスズメバチが集団で襲来すると、巣もかなりのダメージを受けるそうなので、これから秋にかけてスズメバチの活動が活発になるので、ちょっと対策を考えようと思います。

DSCF3068.jpg
花粉の運び込み量は順調です。
posted by 豆狸 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 養蜂日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック