2008年08月11日

自家製ウッドチップ

冬の薪ストーブ用の薪のために集めている丸太がだんだん置き場を圧迫してきたので、夏の暑い盛りですが、久しぶりにチェーンソーを使いました。で、コナラとヤマザクラの丸太を切り終わったところで、たくさんの鋸屑が出ました。で、いつものようにそれをかき集めて燻製用のチップとしてよけておきました。

DSCF3204.jpg
今回はサクラとナラの混合チップです

…が、今回、これまでは全く気にしていなかったある問題に気づきました。チェーンソーはチェーンの潤滑のためにチェーンソーオイルという潤滑油が常時、歯に染み出していく構造になっています。ということは、その鋸屑である自家製チップにも若干はそのオイルが付着していることになります。これは果たして、燻煙材として利用した時に人体に有害ではないのかと言うこと。…まあ、これまでも何回もそれで燻煙したやつをおいしく食べてはいるのですが。

DSCF3213.jpg
まあ今回も一応パッキング

で、ちょっと調べてみたら、同じ事を気にしている人はいるようで、サラダ油や菜種油で代用している人もいるようです。ただ、その場合はその時使う分にはよいのですが、その後酸化して固化しやすいんだそうで、まめな手入れが必要になるようです。
あと、ちょっと割高になりますが、菜種油などを原材料としたバイオオイルもチェーンソーメーカー各社が出しているようです。
ちょっと今後調べてみようと思います。
posted by 豆狸 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック