2008年08月30日

キジハタとカワハギ

ずいぶんと久しぶりに日本海に潜りに行きました。今回は、以前友人が潜りに行き、良かったという評判の場所へ。ここ数日の雨で透明度が心配でしたが、川などが周辺にないおかげで、流れ込みで濁るということもなく、十分満足できる透明度でした。

今回のポイントは結構遠浅な感じでそこそこのサイズの岩がゴロゴロしている岩礁地帯。当初は、沖の方へ出てみようと思っていたのですが、潜り初めて浅場をチョロチョロしている段階で、いきなり40cm級のキジハタ(関西名:アコウ)に遭遇。慎重になりすぎて取り逃がし。周辺を探索すると、そいつには及ばないものの30cm前後の個体を複数目撃。

CA340118.jpg
ちょっと大きく見えるような写真の取り方ですね…。

CA340119.jpg
実測はこんな感じで32cm

キジハタは好きな魚なので、沖へ出る方針を撤回し、水深5m程度のあたりをひたすらウロチョロ。2時間程度潜って、キジハタを2尾(32cm、26cm)とカワハギを1尾獲ってあがりました。キジハタとカワハギは一緒にいった友人も2尾ずつ獲っていたので、帰宅後はカワハギ鍋とキジハタの刺身・酒蒸しを作りました。

CA340122.jpg
カワハギは地味だけどおいしいですね

30cm以上のキジハタを突いたのは初めてだったので、嬉しかったですが、キジハタは60cmくらいにまで成長するそうなので、もっとよいサイズを突けるようにがんばりたいです。

CA340123.jpg
食べておいしい魚は獲り甲斐があります


posted by 豆狸 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。