2008年09月12日

書籍紹介『仁淀川漁師秘伝―弥太さん自慢ばなし』


『仁淀川漁師秘伝』

仁淀川の職業川漁師の宮崎弥太郎さんの聞き書きをまとめた本で、ウナギ、アユ、モクズガニなどの捕獲法や扱い方などが詳しくまとめられていてかなり参考になる本。
私もこの本で教えられて、実践していることも多々あり、ほんとにお薦めです。この本がよいなあと思えるところは、だいたいこの手の本は達人がとりあえず経験則でその実践を語るパターンが多いのに対し、宮崎さんはその実践経験の中からきっちりその理屈を導きだし、論理的に展開している点。なので、読んでいても非常に納得でき、かつ自らの実践につなげることが出来る本です。

あと、この本を子ども向けにした本も出版されていますので、お子さま向けにはこちらをどうぞ。


『魚とり名人・弥太さんの川遊び学校』


posted by 豆狸 at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仁淀川は高知の川ですよね?
四国にいながら一度しか行ったことがありませんが、きれいな川だったと記憶しています。
魅力的な本ですね。
ぜひ一度読んでから仁淀川へ遊びに行ってみたいと思います。
Posted by オイノコ at 2008年09月14日 20:05
四万十川が有名ですが、仁淀川もそれに負けないくらいよい川ですよね。四国はきれいな川がたくさんあってうらやましいです。
仁淀川に行ったらまた報告をお聞かせ下さい。
Posted by 豆狸 at 2008年09月15日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。