2008年09月17日

野草茶のブレンド

お片付け企画はまだ続きます。
2年ほど前に大量に作った野草茶各種が我が家の棚にたくさん並んでいます。小さい同居人のこともあり、ここ1年ほどあまり野草茶は飲まずに番茶やルイボスティー等が我が家の主流でしたが、ぼちぼち何でも飲めるだろうということで、野草茶を消費することにしました。

DSCF3339.jpg
もはや部屋のインテリアと化しています

野草茶は単品でも味わい深いですが、やはりブレンドした方が味も複雑になり飲みやすくなります。今回ブレンドしたのは、ドクダミ、クサギ、シソ、柿の葉、マタタビ、ビワ、スギナ、レモンバームです。レモンバームは以前庭に差しておいたらみるみる増えて現在群生している「野草」です。

DSCF3342.jpg
もうちょっと細かくした方が扱いやすいですね

で、今回はさらに飲みやすさを求めて、余っている麦茶パックを投入しました。まあ、「十六茶」には及ばず、麦を入れて「九茶」ですね。
飲んだ印象は、青ジソがやはり一番つよく、それ以外はうまくまとまってる感じでしたが、青ジソのインパクトがつよいのでちょっとわかりにくかったので、次は青ジソ抜きでやってみようと思います。
posted by 豆狸 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック