2008年12月15日

今期のイノシシ

えー、狩猟解禁前後でバタバタしていて、なんと1ヶ月以上ブログを更新していませんでした。すみません。
なんだか掲示板のようになっていましたね。

さて、気を取り直して。
今年も11月15日に狩猟が解禁になりました。で、今日でちょうど解禁後1ヶ月ですね。

CA340167.jpg
比較的自由に動ける状態

先日、続けて2頭イノシシがかかりましたが、どちらも小ぶりなサイズ。1頭は、リリースしましたが、1頭は解体しました。ハラ抜きで20キロのドンコ。ただ、よい雑木林の山のイノシシだったので、脂のノリは良く、おいしそうなピンク色をしていました。普段あまり牡丹鍋を好まない同居人も今回の肉は絶賛でした。

CA340168.jpg
ワイヤーをスギの倒木で絡めて動きを封じました

ただ、本来はそのドンコを連れている親を狙っているワナだったので、現在も継続してワナを入れています。年内に何とかしたいけど、片方の親はだいぶ警戒してしまい、最近ワナに近寄らなくなってしまっているので厳しい情勢。もう片方は来る頻度がそんなに高くなくて…。

DSCF3659.jpg
なかなか良い脂でした

まあ、年内に何とかして穏やかな年越しを迎えたいところです。


posted by 豆狸 at 00:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい脂ですね!
狩猟者登録も済み、いよいよ今年猟師デビューしました。
今は先輩にくっついて勉強中です。
まだ自分で罠はかけていませんが、今期は最低でも1頭は獲りたいです。
今は先輩の罠にかかったタヌキとキツネをもらって皮をなめしています。
キツネの匂いは強烈ですね!
Posted by オイノコ at 2008年12月16日 00:51
1枚目の画像のように掛かったら現場が荒れますよね。同じ場所は暫く通らないような気がしますが、捕獲した後は元の状態のように原状回復しておくのですか?
Posted by woodenpestle at 2008年12月16日 16:14
オイノコさん、お久しぶりです。
猟師デビューおめでとうございます。無事獲物が獲れるとよいですね。

今回のイノシシはサイズの割にはよい脂でしたが、所詮はやはりドンコ。厚いところでも1・5cmくらいしか脂身はなかったです。早くよいサイズのイノシシがかかるとよいのですが。

タヌキとキツネではやはりキツネが臭いですね。以前友人と食べた時もタヌキは何とか食べられるという人もいましたが、キツネは皆無でした。

Posted by 豆狸 at 2008年12月16日 23:20
woodenpestleさん、いらっしゃいませ。

ご質問の件ですが、確かに獲物がかかると現場が荒れます。特にイノシシだと縛ってある木を中心に円形にかなり地面がえぐれます(このあたりの罠猟師はそれを「土俵」と呼んでいます)。

現場の原状回復は不可能ですが、罠は同じ場所に再設置する場合もあります。けもの道も崩れてしまいますが、その前後は道は残っているので、意外と気にせず歩く場合が多いように思います(特にシカの場合は気にしない場合が多く、同じ場所のワナで3頭獲ったこともあります)。

ただ、罠猟師によっては意見は分かれており、「イノシシはとうぶん通らなくなる」という人もいれば、「好奇心が強いので逆に寄ってくる」という人もいます。

まあ、結局は自分でいろいろ試してみて判断するのが一番かと思います。そうすることでより獲物の習性などについても知ることができると思います。

Posted by 豆狸 at 2008年12月16日 23:33
ありがとうございました。

「土俵」のような画像は初めて見ましたので驚きました。こんなになるんだなぁ、って。

今後は質問は控えますね^^;
Posted by woodenpestle at 2008年12月17日 10:38
あ、最後の一文は別に質問しないでという意味では全然ないですよ。私も今でも師匠には毎日のように猟のことを質問し続けていますし、同じ罠猟師同士でいろいろな情報や経験を交流することは非常に有益なことだと思いますので。

woodenpestleさんもこれからワナをかけて、様々な経験をされていくと思いますので、そういったお話もまた聞かせていただければうれしいです。
Posted by 豆狸 at 2008年12月17日 21:21
ありがとうございます^^
正直、周囲に師匠がいないので助かります。

昨日もTV再放送でまた見ました。
少数派の新米猟師の励みになります。

これからも宜しくお願いします。
Posted by woodenpestle at 2008年12月20日 21:03
woodenpestleさん、こんばんは。

確かに若い猟師、少ないですよねー。ほんとに十年後二十年後はどうなってるんだろう…。

こちらこそよろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2008年12月22日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。