2009年01月26日

ひさびさの雀獲り

久しぶりに雀獲りに行ってきました。

最近は、雀の数がどんどん減ってきており、以前見れたような1000羽を超すような大群になかなか遭遇することはなくなってきました。

CA340199.jpg
雀が餌を食った跡。こういう痕跡などから網を張る場所を決める

今回行った場所で500〜600羽ほどは確認できました。そこで、140羽獲れたので、まずまずの捕獲効率でした。

CA340188.jpg
獲った雀は冷えるように地面に広げておく

ちなみに、雀獲りにはおとりの雀と剥製のカラスでおびき寄せて繰り返し何度も捕獲する方法と生きたカラスと餌を使って一網打尽にする方法があります。前者を「ヒラ」、後者を「マクリ」と言います。これは設置した際の網の形状に由来するものだろうと思いますが、まあいつか詳細を図解付きで紹介したいと思います。

CA340198.jpg
おとなしいミヤマガラスがおとりにむいています

posted by 豆狸 at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気持ち悪。
まさに野蛮って言葉が似合いますな。
Posted by とり at 2016年01月02日 20:09
とりさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
こういう営みをどう感じるかは価値観の相違としか言えないのかもしれません。
私も狩猟は野蛮な営みだと思ってはいます。
Posted by 豆狸 at 2016年01月22日 20:22
すごい!スズメ獲りには非常に興味があって本も読んでみたりしました。罠猟は覚えてみたいスキルの一つです。ちなみに調理方法とかは載せないのですかね?興味あります。
Posted by ヤマメ at 2016年04月11日 11:46
ヤマメさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
スズメの調理方法ですが、実際のところそのまま焼き鳥にして食べるのがほとんどで、たいして書くことがありません(笑)
せいぜい、甘辛い焼き鳥のタレで食べるか、塩コショウにレモンを絞って食べるかの違いくらいで・・・。
あ、以前骨ごとミンチにしてツミレにしたことはありました。
Posted by 豆狸 at 2016年04月13日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック