2009年02月13日

ヒヨドリとキャベツ

ヒヨドリは冬になるとキャベツやブロッコリー、ほうれん草などの畑に集団で現れ、結構な被害を与えることで知られています。この時期のヒヨドリは良く脂ものっていますし、雀などと比べると毛も引きやすいので個人的には好きな鳥です。

DSCF3908.jpg
ほっぺたの赤い羽が特徴的ですね

数年前に有害駆除でほうれん草畑に無双網を張るのに付いていった時は、200羽近くが一網に入り、大わらわでした。

DSCF3906.jpg
キャベツまでいただきました

今回は、キャベツ畑での捕獲。これは私は参加せず、分け前だけいただきました。ヒヨドリ10羽。全部で150羽ほど獲れたそうです。
で、ついでにキャベツも大量にいただきました。

CA340204.jpg
ヒヨドリにやられたキャベツ畑

師匠によるとヒヨドリが食害したキャベツは葉の間にまで糞が入り込んでしまい、売り物にならなくなるとのこと。今回は畑1個分のキャベツを好きなだけ持って帰ってくれと農家の方に言われたそうです。鳥の害もあなどれませんね。
posted by 豆狸 at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒヨドリさんは脂がのって美味かったです。
来期はもっとたくさん取りたいなあ、無双網で。
Posted by レッドベレー at 2009年03月01日 23:04
この時期のヒヨドリはホントによく脂がのってますよね。
小鳥は特に網で獲った方が肉にダメージがなくてよいと思います。
Posted by 豆狸 at 2009年03月04日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック