2009年02月19日

猟期最終日のカモ獲り

先日の2月15日で、2009年度の猟期が終わりました。

ククリワナのほうは、1月下旬に最後の猪が捕れた時点で終了していたので、2月は比較的のんびり過ごしていました。

DSCF3933.jpg
カモ捕りのポイント

で、最終日は、夕方のカモ獲りから参加。餌場の痕跡から、前夜のカモの来具合を確認します。

DSCF3928.jpg
カモの糞

CA340195.jpg
カモが餌を食べた跡

DSCF3927.jpg
カモがじゃれて落とした羽

そして、網を張り、1網をまかされました。で、待機しているとパラパラとカモの飛来を確認。4羽ずつ飛んできたのが2回と2羽で飛んできたのが1回。計10羽が周辺におりました。
シルエットサイズはどれも大きかったので、マガモかカルガモです。双眼鏡で周辺を探すと8羽ぐらいが固まって網のだいぶ右側でゴソゴソしていました。ただ、飛んできた感じから餌場のことは当然知っているカモだと判断できるので、餌場に入るを待ちました。

飛来後、30分位してカモが餌場のほうに移動しはじめました。で、先頭の5羽ほどが入ったので、残りが入れば網を引こうと準備をしているとなぜかまた右側に出てしまいました。そして、どんどん右の方に歩いていきます。
「ありゃあ、カルやな。この時期のカルは結構ああいうおちょくったような動きをするんや。」
と、先輩の声。

DSCF3938.jpg
網にかかったカルガモ

そのあと結局1時間以上粘ったあげく、途中で飛んで帰ってしまったり、まとまらなかったりで結局2羽だけ獲れました。
まあ、残りは来年にお預けですね。

DSCF3941.jpg
なんとか坊主は免れました

その後は、いつも通り猟期終了の打ち上げを猟友会の先輩宅で行いました。
posted by 豆狸 at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日網罠試験を受けてきました。
来期はやってみたいと思っています。
ところでカモの網は穂うちですか?
大きさはどれぐらいのを使っているのでしょうか?
Posted by レッドベレー at 2009年03月01日 23:07
網猟師は極端に数が少ないので、新規で受けられたのはすばらしいですね。

無双網の分類に関しては、狩猟読本のものはかなり図解が適当だと思っているので(袖むそうの図などはかなり無茶苦茶)、あれですが。あれらの分類名で言うならば、穂打ちの形状の網を双むそうの形態で使用しています。
網の長さは10mくらいだと思います。

Posted by 豆狸 at 2009年03月04日 00:40
先週のは網罠講習でした。
本日受けてきたのが試験でした。
何を間違えてんだ私は!

試験は多分大丈夫でしょう。
網ですが、スプリング仕掛けで閉じるタイプなのでしょうか?
Posted by レッドベレー at 2009年03月08日 22:16
レッドベレーさん、こんばんは。

試験お疲れさまでした。
当地で使っている網は、人力で引っ張るタイプのものです。
Posted by 豆狸 at 2009年03月08日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック