2009年09月13日

ブダイとセミホウボウ

久しぶりに太平洋岸へ潜りに行きました。
日本海方面に行くはずが、大雨だったので急遽太平洋方面に行き先を変更しました。海沿いの街でかなりいい感じの魚突き用品店を発見し、そこの店主と素潜り談義などをしてテンションをあげつつ、いざ海へ。

P9120252.jpg
このヤス先はでかすぎです・・・。

P9120263.jpg
太平洋は何年ぶりかな

が、最初に行ったポイントは、水面付近には無数のクラゲ海底や岩礁には無数のガンガゼという最悪のシチュエーション。そして、いる魚はきらびやかな熱帯魚とタカノハダイばかり。透明度も悪く、そうそうに引き上げました。タカノハダイは40cm前後のでかいやつがたくさんいましたが、以前食べてすごく磯臭かったので、それ以降は捕らないようにしています。
このポイントでは、引き上げる直前に砂浜の上にいたホウボウみたいな珍魚を捕獲。帰宅して調べたところセミホウボウという魚でした。

P9120271.jpg
ついた瞬間に羽が開いて青く光りました

で、次に行ったポイントは、透明度はなかなかよく、魚影も濃い。
・・・と思いきや、グレとブダイだらけ。グレも以前食べて磯臭かったのであまり捕らない魚です。ただ、最近のグレは釣りの撒き餌の影響で美味しくなったという情報もあるので、一度余裕のある時に捕ってみてもいいかとも思っています。
さて、問題のブダイです。実はこれまでほとんどブダイは見たことが無かったのですが、ここには40cm〜50cmのものが無数にいました。動きは鈍く、簡単に突けそう。ただ、なんとなくベラっぽいし、美味しくない雰囲気。
うーん、でもまあせっかくだし、何事も経験、試食もかねて1尾捕るか、と心に決め、40cmの固体を1尾捕りました。思った通りほとんど逃げないので突こうと思えばいくらでも突けそうです。

P9120260.jpg
友人が突いたイシガキダイ、ガシラといっしょに

さて、帰宅後、ブダイをさばきましたが、なんとなく身が水っぽい印象でした。で、ちょっとだけ刺身にして食べて、残りを塩焼きにしましたところ、刺身は意外と普通に食べられましたが、塩焼きはちょっと味気ない白身魚という感じ。本によると味噌漬けや干物にすると書いてあったので、やっぱり水気を抜いて食べるのがよいという事なのかもしれません。ただ、別にまずいとか臭いとかいうことは無かったので、獲物が他にない時は突いてもいいかなと思いました。

P9120269.jpg
鱗をとったあと。なんともいえない顔ですね

セミホウボウのほうは、20cm弱だったので身はちょっとしかありませんでしたが、しっかりした身でおいしかったです。

posted by 豆狸 at 06:59| Comment(8) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
魚捕りの記事が2つもアップされていて、今朝はなんだか得した気分です。
それにしても大きなヤスですね。
本当に使うのでしょうか?
豆狸さんは水中銃派、それとも普通の手モリ?派ですか?
私も数年前まではよく手モリを持ってシュノーケリングをしたものです。獲物はいつも蛸とかサザエとかでしたが。
最近は地球温暖化の影響か水温が上がってサメが多く、ちょっと怖くて潜りには行っていません。
Posted by 浦島太郎 at 2009年09月15日 08:17
こんばんは。
今年はイシガキが多いような気がしています。なかなか突けないのですが・・・。
ブダイは動きが鈍くてそこそこ旨いのでよく突いてますよ。本当に美味しいのは限られた時期のみですが、刺身の材料としてはうまみがありまずまず、塩焼きには向きませんが煮つけにすると肉はさほど磯臭くないので美味しく食べられます。一度だけ、肝臓を一緒に炊いたらえらいことになったことはありますが・・・
Posted by うなたろう at 2009年09月16日 00:31
浦島太郎さん、おはようございます。
写真の大きなヤスは、魚突き洋品店の親父が趣味で作ったもののようで、実際には使わないでしょうね。
私が使うのは普通の手銛です。シャフトが2mで二又のヤス先です。この辺では貝類は基本的に捕獲禁止のところばかりなので、私は捕りません。タコは漁業権が設定されていないところでは私も好んで捕ります。
私が主に行っている日本海はサメがあんまりいないので、安心して潜っています。
Posted by 豆狸 at 2009年09月16日 07:22
うなたろうさん、お久しぶりです。
私が行く日本海ではイシガキダイはめずらしいので、クチジロになっていない上記サイズくらいのイシガキダイでも突きたい気分になりますね。

ブダイ、煮つけにもいいんですね。次機会があったら試してみます。たくさん獲って味噌漬けか干物というのも時間のある時にはやってみてもいいかもしれません。
こないだ見つけたポイントは2時間ほどかんばれば40〜50cmのブダイなら20匹くらいは確実に獲れそうなくらい、ブダイだらけでした。

あと、ブダイ系の内臓はなんとなくシガテラ毒のイメージがあって食べたことないですが、大丈夫でしたか?

Posted by 豆狸 at 2009年09月16日 07:48
味噌漬は魅力的ですね。私も試してみたい料理の一つです。
肝臓は口に入れて一噛みした瞬間に強烈な苦み、というよりもえぐ味が全体に広がり、とても美味しいものではありませんでした。私は魚の肝が好きなので、ありとあらゆる魚の肝臓を一度は食べてみるのですが、今のところピンピンしています(笑)
Posted by うなたろう at 2009年09月23日 08:42
うなたろうさん、こんにちは。

ブダイの肝臓、なかなかすごそうですね。
食べないようにします。

魚の肝臓、おいしいですよね。先日久々にカワハギを突いて肝醤油で刺身で食べましたが、やはり絶品でした。



Posted by 豆狸 at 2009年09月23日 17:24
いつも興味深く拝見しております。狩猟や採取にをしたいのですがブログ等の閲覧で終わってる今日この頃です。 当方過去は磯釣師でした。 で先日のブダイの件ですが、一夜ぼし、から揚げ、ぬた等の料理法が良いと思います。初めてブダイを釣った時食べられそうに無いと捨てていましたが、地元住民に笑われて仕舞いました。白浜の方では正月料理になるそうです 
Posted by セロー at 2009年09月24日 16:34
セローさん、はじめまして。

ブダイに関する情報ありがとうございます。次にブダイを獲ることがあったら、いろいろな料理法にチャレンジしてみたいと思います。

また、今後ともいろいろお教えください。よろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2009年09月27日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]