2006年02月28日

育すう箱撤去

今日は育すう箱を撤去しました。
一番小さいヒヨコが生後5日目で我が家に来たとしてももう3週間はたった計算になるので、もう普通の鶏舎で飼って問題ないと判断しました。ヒヨコ電球も撤去したので、今晩からはヒヨコは夜はちゃんと真っ暗な中で過ごすことになります。

あと、えさ箱も新設。これまでの容器では上に乗って足で餌を掻き出すやつがいて、地面に餌が飛び散っていたので、四角い箱の四方に首を突っ込む穴を開けて、そこから餌を食べるような仕組みのものにしました。水入れもぼちぼち鶏舎から首を出して飲む方式のものに変えていくつもりです。

しかし、今日鶏舎の中で作業していて思ったのは、鶏糞が全く臭くないということ。我が家に来た当初は運搬の時からずっと臭くて、育すう箱もすぐに臭くなったのに、今は全然においがないです。これは間違いなく餌の違いでしょう。もらってきた先ではヒヨコ用の高栄養配合飼料を使っていたはずなので。



posted by 豆狸 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 養鶏日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。