2006年03月02日

ヤブカンゾウ

庭に移植したヤブカンゾウが芽を出してました。こいつの増殖力はとてつもないので、他の作物とは距離を隔てたはずれに移植してあります。近所の河原や広場や墓場はこいつらだらけです。すごく特徴的なので間違えることはないと思います。基本的に群生してます。
生え際からナイフなどで刈り取ります。いくらでも増えるので遠慮する必要はないです。

ヤブカンゾウ.JPG
ちょうどこの写真くらいが食べ頃

さて、ヤブカンゾウはどうやって食うかというとさっと塩をひとつまみ入れて湯がいてから醤油とマヨネーズで和えます。湯がいた後は水に浸けてさましますが、アクはないので水にさらす必要はないです。
きれいな緑と独特の食感がおもしろいです。かつお節をかけてもよいです。ツナを混ぜるのもいいです。普通にゴマ和えなどで食べるのもありです。

あと、夏に咲くオレンジの花を酒に漬けたり、干して保存したり、金針菜とかいって中華料理の食材に使ったりするそうです。

posted by 豆狸 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック