2010年05月03日

ニホンミツバチ2群目捕獲

昨日、ニホンミツバチ2群目を捕獲しました。
数日前から探索蜂の来ていた待ち箱に無事入居です。

前日の夕方の時点で探索バチが50匹以上来ていたので、まず確定だと判断していました。
で、昨日の昼ごろに確認すると、なんだか待ち箱の裏側に回る鉢が多くて、まだ様子見の最中みたいな感じ。いつになったら分蜂群本体が来るのだろうと思っていたのですが、よくよく調べると巣箱の裏側に隙間があり、そこから出入しているということがわかりました。

P5020956.jpg
背景が白いので蜂が良くわかります

つまり、箱の周りを飛んでるのでまだ探索中だと判断していたのが、実はすでに入居後だったということのようです。残念ながら分蜂群の飛来は目撃できませんでした。

P5010951.jpg
できたてホヤホヤの重箱式巣箱

さて、順調に2群目を捕獲し、ちょっと真面目に今後の飼育のことを考えないといけなくなってきたので、週末を利用して採蜜の利便性を考えた重箱式巣箱を増産しました。これまでの2群はとりあえず、丸胴のまま飼育するしかない状況ですが、3群目がもし捕れたらこの重箱式巣箱で飼育しようと思います。
posted by 豆狸 at 22:29| Comment(2) | 養蜂日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2群目捕獲おめでとうございます。
西洋ミツバチも同じように捕獲、飼育可能なのでしょうか?
Posted by 浦島太郎 at 2010年05月05日 08:13
浦島太郎さん、おはようございます。

セイヨウミツバチは日本では自然界にはいないと言われています。それは、天敵のオオスズメバチに対する防御剃る方法を持たない(ニホンミツバチは熱殺できます)、寒さや病害虫に弱いといった理由が言われています。

ただ、全国各地に飼育者がいますので、そこからの分蜂群が待ち箱に入ったりすることはあるようです。
Posted by 豆狸 at 2010年05月08日 07:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]