2006年03月17日

第2回豆腐作り

今回は前回の焦げ付きの対策として、大・中の鍋を使い、湯煎するような形で加熱するというやり方を思いつき採用しました。あと、最終段階で重しをせずに絹ごし豆腐になるようにしてみました。
ただ、今回も煮立たせるという本来行うべき行程は経ていません。あくまでも適当な作り方です。あしからず。

材料:大豆300g、お湯1リットル、にがり10cc強、水は適宜
道具:鍋2個、ボウル、温度計、ミキサー、ザル、絞り布、濾し布、木べら

1.前日より大豆300gをたっぷりの水に浸けておきます。今は冬なので丸一日。

2.水を含んだ大豆と等量の水(浸けてた水でよい)をミキサーにかけます。3回くらいに分けるのが無難。これで、生呉ができます。

生呉.JPG
これが生呉です

3.それに1リットルくらいのお湯を加えて、火にかけます。お湯を足す際にそれを何回かに分けてミキサーにかけてから入れると、ミキサーがきれいになってよいです。弱火で10分ほど煮ます。二重鍋方式のおかげで焦げ付く気配はありませんでした。

4.それを袋状になった布で濾します。熱いので木べらなどで濾します。残るのがおから。今回も鶏の餌となります。

5.で、豆乳の完成。それを75℃〜80℃まで温めなおします。85℃くらいまであがりましたが、焦げませんでした。二重鍋方式はすばらしい。

6.ちょうどいい温度になったら火から下ろし、にがり10cc強を50ccの水で薄めたものをまんべんなく混ぜ込みます。10秒以内でやさしく混ぜ、そのまま15分放置。この状態でおぼろ豆腐の完成。

7.15分経ったら、ざるに布を敷いて、下に鍋かボールで受けたところにそれを流し込みます。で、今回は絹ごしにするためにふたやおもりは一切しませんでした。またここでも15分待ちます。

ザルに手ぬぐい.JPG
今回はふたは一切せずこのまま放置

8.最後は、水に30分ほどさらしてにがりをおとせば完成。

ぼろぼろ豆腐.JPG
完成。見た感じは確かにきめが細かい感じです

さて、食べてみた感想ですが、重しを乗せてないせいで、絹ごしどころかおぼろ豆腐の状態に近かったです。確かになめらかな口あたりで前回とは全然違ってたけど、手で持ったらくずれてしまうくらいな感じで弾力ゼロ。やっぱりフタくらいはした方がいいのかな?次回はこの中間くらいのものを作ってみることにします。
あと、次回はいっぺん正規のやり方でやってみようかな。二重鍋方式がいい感じなので。




posted by 豆狸 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14984826

この記事へのトラックバック