2010年06月14日

A群に重箱を継箱

ここ数日、自宅3群のうちA群だけが日中、旋風蜂が10数匹出て外気を巣の中に送っているのが観察されていました。これは巣内の温度が上がりすぎているために起こる現象です。
A群は確かに一番日当たりの良い場所に置いてあるのですが、ここ最近の蜂の増加が著しく、蜂の出入の数を見ていても他の巣箱の倍くらいあります。あと、A群の巣箱は漬物樽なので、一番密閉性も高く、あまり巣内の温度が上がりすぎると巣落ちの原因にもなるので、なんとかしないといけません。

P6111103.jpg
外に蜂が溢れでています

で、持ち上げて内検してみたところ、2週間前に見た時よりもかなり巣が底板近くまで来ており、これまで造巣していなかった残り半面にもびっしり蜂が張り付いていました。思っていた以上に蜂が順調に増えていっているようで、これでは暑くて当然です。

P6111104.jpg
樽の半分はほぼ巣で埋まっている感じです

そこで、今回は下に重箱を1つ継ぎ足しました。基本的に今後も巣が大きくなるに連れて継箱をしていき、一番上の箱(今回は漬物樽)が貯蜜でいっぱいになったら、それを切り離して採蜜するという段取りです。この漬物樽は一般的な巣箱をよりサイズが大きかったので、今秋の採蜜は無理かと思っていましたが、このまま順調に巣づくりが進むようならいけるかもしれません。

P6111101.jpg
重箱にコンパネでジョイントを作り接続

なお、これにより内部の容積が増えたので、若干巣内の温度はマシになると思いますが、旋風蜂が減らないようなら、今度は底板を金網にするなどの対策を取る予定です。この時期にこれでは夏本番は到底乗り切れません。

P6111107.jpg
あまり高くなるようなら転倒対策も必要になります


posted by 豆狸 at 00:25| Comment(4) | 養蜂日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お久し振りです
まずは蜜蜂順調の様子良かったですね。
この分ならこの秋の採密は間違いなくいけそうです
そちらの条件が非常に良いのでしょうね、
早めに継ぎ足し用の重箱をどんどん作って措かないと
間に合わ無いかもしれませんよ。
ちなみに兄貴の重箱は1.5メートル位に毎年成ってましたからね
Posted by 亀 at 2010年06月15日 20:26
亀さん、お久し振りです。ありがとうございます。
このA群とD群は強群なのですが、B、Cはそれと比べると蜂数が少なく、造巣のペースものんびりです。設置場所の条件はそんなに変わらないと思うのですが、女王蜂の年齢とかいろいろ要因があるのでしょうね。

秋の採蜜、間違いないですか!経験者の方のご意見は大変心強いです。何とか秋までトラブルなく飼育を続けたいと思います。
Posted by 豆狸 at 2010年06月17日 22:34
今晩は、6群目捕獲おめでとうございます。
 重箱が7段位に成れば上から2、3段位は
 採密出来ますからA群はまず問題ないのでは、
 それとF群もかなり期待できそうな勢いでは
 有りませんかこの秋までくれぐれも熊に気付かれ
 ませんように遠くよりお祈り申し上げて居ります。
 それと或るブログでたまたま見つけてしまいました
 豆狸さんのお顔なかなかイケメンでは御座いませんか
 とくと拝見させてイタダキました。
Posted by 亀 at 2010年06月18日 22:15
亀さん、こんばんは。
ありがとうございます。
現在の所、A、D群はまずこの秋に採蜜できるのではないかと思っています。あと、最初から重箱に入ったE群と今回のF群もあわよくばと思っています。
ちなみに、今回は巣箱をかなり家のそばに設置していますので、これで熊にやられたら我が家の台所のハチミツも危ないですね・・・。
あと、写真がブログに出てましたか。最近はそんなに悪いことしてないんですが(笑)
Posted by 豆狸 at 2010年06月24日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。