2006年03月23日

ラワンブキ?

昨年、ギョウジャニンニクとともに北海道より移植したフキが芽を出してました。
フキノトウが出てこなかったので、移植失敗かと思いましたが、無事に生きててくれてよかったです。

ラワンブキ.JPG
まだ、直径10cmくらいです

北海道のフキはこちらのものよりも格段に大きく、特に足寄の方のラワンブキは高さ4m、茎径10cmになるものもあります。これらを含め、図鑑などではアキタブキと総称されていますが、北海道の人はその呼称は使わず、単にフキ、もしくは足寄でなくてもラワンブキと呼んでいる場合が多いです。

今回持ち帰ったものは、その根っこを持ち帰ったのですが、その上には高さ2m、葉っぱの直径1mくらいの立派なフキだったので、どれだけ大きくなってくれるか楽しみです。
posted by 豆狸 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック