2010年09月01日

日本海素潜り2回目

今季二度目となる日本海素潜りに行ってきました。
前回と違い、今回の日本海は透明度が抜群で、15m程見えたと思います。何も突けなくても泳いでいるだけで気持ちがいい最高の海でした。まあ、クラゲはいましたが。

P8291293.jpg
素晴らしい透明度でした

とは言いつつ、実際は海に入るやいなや獲物を探し始めるわけですが、今回のポイントにはなかなか良型のキジハタがいました。友人と私の目撃で、50cmオーバー1尾、40cmオーバーは5尾以上。これまでにないキジハタパラダイスです。
・・・が、突けたのは友人の37cmが最高で、あとは30cm前後が4尾と、いまいちな結果でした。
しかし、初めてこんなにキジハタのいるポイントを見つけることが出来たのは重大な成果です。あとは自分の素潜りの技術を磨くのみ。魚との駆け引きがまだまだ下手くそですね。

P8291295.jpg
キジハタは色が鮮やかですね

さて、それ以外では30cm程度のガシラがたくさんいたので、それも5尾程度捕獲。あとは、このあたりではあまり見かけないムラソイを1尾。

P8291298.jpg
数は揃っているんだけど・・・

ちなみに、今回のポイントはイシダイやチヌなどはほとんどいない場所でしたが、今回は帰宅後、友人とイシダイフライを食べる約束をしていたので、普段は突かない30cm程度のイシダイを計3尾突きました。

今季2回目の素潜りは成果の方はまあいまいちでしたが、天候にも恵まれ、大変気持ちよく潜れました。
さて、今季はあと何回潜りに行けるかな。

P8271287.jpg
関係ないけど、これは先日捕りに行った鮎
posted by 豆狸 at 23:15| Comment(6) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、すごい!
今では貴重品のキジハタをこんなに。

以前は大きな獲物ばかりを狙っていましたが、なんか最近はこんなサイズで美味しいお魚ばかりを狙っています。
年かな(笑)。
Posted by じゃん at 2010年09月02日 19:39
じゃんさん、こんばんは。

こちらの海では、サイズにこだわりさえしなければキジタハはまだたくさんいるようです。

私はまだまだ大きい獲物を狙っていますが、なかなか捕れません。若いからというよりは技術が未熟なだけで・・・(泣)
Posted by 豆狸 at 2010年09月06日 22:48
はじめまして

9月3日付の京都新聞「現代のことば」で豆狸さんのことを、少し書かせていただきました。森で檜皮採取の仕事をしているときは、似たような環境ですので、以前から親近感をもっていました。

あのコラムの執筆者は大半が大学の先生ですし、特に鶴見俊輔さんとか養老孟司さんとか大御所もおられますので、あまりアホなことは書けません(笑) 連載は他にも何本か持ってますが、ここは自由なテーマで書かせてくれますので、何とか続いています。
Posted by 職人太郎 at 2010年09月07日 17:11
職人太郎さん、はじめまして。
檜皮採取のコラム読ませていただきました。確かに森の中で感じる感覚に共通するものがあるように思いました。
たまに、間伐した檜を薪用にいただくことがあるのですが、その際剥がれた皮を見て「こんな細い檜の皮でも屋根に使えるのかなあ」などと思ったりもします。
またいろいろお教えください。
Posted by 豆狸 at 2010年09月11日 07:00
あはは、それは人工林の間伐材ですから、カサカサで割れ気が多いので無理ですね。最近は、ご存じのように、間抜や枝打ちさえも満足にされていない森が多く、困っています。
私たちが通常剥くのは、樹齢100年くらいの天然木が中心です。弾力性に富むカナメモチで手作りしたヘラで剥きます。カナメモチは2〜3年乾燥させたものを、木の芯を取って四つ割にしてドラムのスティックのような形に削り出していきます。
私たちの使う道具類の多くは市販されていませんので、刃など金属部分以外はほとんど手作りです。カシ・ケヤキ・ブナ・ミズナラ・ミズメなど、主に広葉樹の堅木を使用します。
一年中、森の中にいるわけではありませんが、魚や野草、きのこを取ったり、私はこのような自給自足のある種の「サンガ」のような生活が気に入っています。
Posted by 職人太郎 at 2010年09月11日 17:12
職人太郎さん、さっそくのコメントありがとうございます。
やっぱり間伐材の檜の皮は使えないのですね。では、これまで通り燃料として使用することとします。
色んな樹種を使った手作りの道具、おもしろいですね。昔から森に関わってきた人たちは、様々な木々の特性を熟知し、それを的確に利用していますよね。大切な先人の知恵であるように思います。
サンカの人たちの竹細工や河川敷での暮らしの知恵などもなかなか興味深いですね。
まあ、私などはチェーンソーや車、冷凍庫など文明の利器に頼りきりな情けない現代人ですが(笑)
Posted by 豆狸 at 2010年09月13日 06:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]