2006年04月21日

タカノツメ

今日はタカノツメという木の新芽を採取しました。
本でしか知らなかったのですが、先日友人から私の家の裏山にたくさんあるとの話を聞いて採ってみました。確かに至る所に生えてました…。
名前の由来はその新芽が葉を開く前の感じが鷹の爪に似ているからとのこと。確かに木のしわしわの部分とかも鳥の指の感じに近いです。

タカノツメ枝.JPG
もうちょっと開く前が鷹の爪に似ています

で、タラノメやコシアブラと同じウコギ科で天ぷらにするとおいしいとのこと。
最近、タラノメやコシアブラは山菜ブームで採る人が多すぎてなんだか採る気をなくしていたのですが、こちらは山ほど生えてるので採ってもいい気がします。
コシアブラ同様よくしなるので、高いところのやつでもどんどん採れます。一つの枝にたくさん生えてるので、数も採れてよいと思いました。

タカノツメ収穫.JPG
とりあえず今日は天ぷら1食分ほど収穫
posted by 豆狸 at 16:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 山菜・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は鷹のつめが大好きで、毎年この時期になると他の山菜にはめもくれず採取します。ただ私は写真のように小さいうちではなく、10cmくらいまで葉が開いたものを採取します。この葉は大変に柔らかく、くせもなく天ぷらにすると甘いあじと香りが口中に広がります。香りが強すぎて苦手だとおっしゃる方も見えますが、写真よりもう少し開いたくらいだと変に香りも強くなく、葉の柔らかさを堪能できます。それに量も増えるので、食べ応えが有ります(笑)本日たっぷりととってまいりました。今晩の天ぷらが楽しみです!
Posted by 川部 at 2006年04月29日 10:32
川部さん、はじめまして。
タカノツメですが、確かにそうですね。この日採ったやつを天ぷらにして友人と二人で食べたのですが、かなり香りが強烈で5,6個食べれば十分という感じでした。
で、先日、もっと大きくなったやつを八宝菜に入れて炒めて食べたら適度なほろ苦さでおいしかったです。
また何かありましたら教えてください。
よろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2006年04月29日 14:07
ぜひ若葉の天ぷらを賞味して下さい。塩がおいしいです。出来れば抹茶塩かゆず塩あたりで食べてもらえると、病み付きになるかもです。
ご挨拶が遅れましたが、このホームページを偶然に見付けまして拝見させて頂きましたが、大変面白く興味津々で記事を読ませて頂いてます。私は本来海派で、夏季は素もぐりを中心に魚介類を採取しておりましたが、数年前に山野草マニアの知人に鷹のつめとコゴミを教わって以来この時期は山に入るようになりました。後は秋と冬の過ごし方を覚えればサバイバルな人生を送れるかと・・・(笑)ぜひこのサイトで勉強させて頂きたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。
Posted by 川部 at 2006年04月30日 07:19
若葉の天ぷら、さっそくやってみますね。
しかし、素潜りいいですね。私も夏期は結構川海問わず、潜ってばっかりでして…。
もうこのゴールデンウィークにも行こうかと友人と話し合ってます。
まあ、この辺の話は書ける範囲でブログにも書きたいと思います。
冬の狩猟についてはこのブログを始めたのが今回の猟期の最後の方なのですごく中途半端になってますが、追々いろいろと書いていきたいと思ってますので、気長にお待ちください。
こちらこそぜひ色々よろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2006年05月01日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック