2006年04月26日

渓流釣り

今日は朝から渓流釣りに行ってきました。
今回は餌づりで餌はリッチにブドウ虫を使いました。ミミズのように臭いがなく、針にもつけやすいので、金銭的に余裕がある時はよく使います。ほんとは現地で川虫を探すのがよいのですが、なにぶんめんどくさがりやなもので…。
今日は、本流をさけて支流の方に入り、釣り上がりました。行った沢はまだ各所に残雪があり、フキノトウが顔を出してました。やっぱり山の方は気候が違うと感じました。

沢の様子.JPG
こんな感じの沢です

で、本日の釣果は結局イワナ5尾、アマゴ1尾といまいちな結果。イワナ、アマゴとも10p前後のちびサイズはたくさん釣れたのですが、さすがに放流。持ち帰ったもののなかでイワナ2尾は24p弱・22p強となかなかのサイズだったのですが、それ以外はお寒いサイズでした。

イワナとアマゴ.JPG

釣った魚は、帰る前に川で処理をします。腹を割いて内臓を取り出して、血合いをこすり取ります。で、エラももう取ってしまっておいていいです。こうしておくと傷みにくいし、内臓なども川の生き物が食べてくれます。今日は保冷用に雪を詰め込んでおきました。

アブラハヤ.JPG
渓流釣りの外道の定番アブラハヤ。本日は鶏の餌用にお持ち帰り

帰宅後は、帰りにとって来たコゴミとともに小さい4尾は天ぷらに、大きい2尾は塩焼きになりました。

ヒキガエル交尾.JPG
ヒキガエルが交尾してました。今年は時期が遅いみたいです
posted by 豆狸 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック