2010年11月30日

イノシシ2頭目

イノシシも2頭目が捕れました。掛かっているのを見つけた時は、サイズ的に見てこの間のドンコの親だと思って、良いサイズのメスだと思いましたが、実はオスでした。体重は65kg、ハラ抜きで55kgでした。
オスは80kgくらいのやつがいると思っていたので、ちょっと読み間違えていたようです。ただ、そのサイズのイノシシも確実にいるので、そっちがメスの可能性もありますし、別のオスがいるというのも考えられます。まあとりあえずはドンコの親は確実にいるはずなので、そいつの痕跡をしっかり探して、12月中になんとかしたいところです。

PB281943.jpg
餌が豊富だったら70kg位はありそうな体格

今回のイノシシは、比較的自由に動ける感じで、地形の条件的に棒でどついて失神させるのが難しい状況だったので、槍で突くことにしました。槍は以前紹介した剣鉈の柄にカシの棒を差し込んだ即席の槍です。突いたのはほぼ真正面からで(サイドから突くとバラ肉が痛んでしまうので)、2回目くらいでうまく心臓に入りました。なかなか頭を上げてくれず、ちょっと手間取りましたが、慣れたら槍もなかなか有効な方法だなと思いました。

PB291949.jpg
左の前脚で掛かってました

で、脂のノリはやっぱりちょっとイマイチでした。一番分厚いところで2cmくらい。しかも、ちょっとヨロイになった脂もあったので、余計に脂の層が薄くなりました。でもまあ、ここ数年メスばっかり捕っていたので、脂に関して贅沢になりすぎているのかもしれません。
とりあえずは、まともなサイズのイノシシが捕れて満足です。

PB301958.jpg
ロース、バラなど部位ごとに切り分けてパック詰めします


posted by 豆狸 at 03:26| Comment(11) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々コメントします〜。。
相変わらず凄いっす・・!
こちらを見ている画には本当に圧倒されますね!

それにしてもおいしそうな〜**

今期の記事も楽しみにしています!!
Posted by マンガ家 at 2010年12月03日 12:33
マンガ家さん、お久しぶりです。

イノシシは写真にするといかついですけど、実は結構しぐさが可愛かったりします。まあ、突進してくる時はかなり怖いですが。

ちなみに、ワナに掛かっているときは興奮してタテガミが逆立っているので、よけい大きく見えます。タテガミは長い毛で20cm位はあると思います。

ようやくこれで猟期中の牡丹鍋の分くらいは何とかなりましたが、来期までの分のためにあと1〜2頭は欲しいところです。ただ、最近バタバタしていてなかなか思うように山にワナを配置出来ていない状況で、ちょっと雲行きがあやしい感じです。

なんとかなるとよいですが。
Posted by 豆狸 at 2010年12月05日 23:29
初めて拝見させていただきました。
どうしても雀を…というお客様がみえます。
ご協力いただけませんでしょうか。
郵送販売なんかはされていないのでしょうか。
ご連絡いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
Posted by 卸屋きのさん at 2010年12月06日 11:56
豆狸さん初めまして。
私は、愛知県の山奥でくくり罠猟を行っている者です。私も銃を所有していないため、罠にかかった獲物の止め刺しを、いかに安全に実行できるか、試行錯誤しているところです。過去のコメントで豆狸さんが止め刺しについて詳しく解説して下さった事も参考にさせていただきました。現在は私は、今回記事のように槍を用いることが多くなっています。2m程の鉄パイプの柄に20cm程の槍をつけています。今度、袋ナガサを入手する事を考えているところで、私はなるべく長い柄で遠くから刺す事を考えていますが、長過ぎると狙いが付けにくく思う所を刺す事出来ないのではないかと思われます。豆狸さんはどの位の長さの柄を使っているのでしょうか?お教えいただければ幸いです。
Posted by 村San at 2010年12月07日 01:00
卸屋きのさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
私は基本的に自分が捕った獲物の販売等はしていませんので、お売りするわけにはいきませんが、知人で協力できるという人がいるかもしれません。
確認の上、連絡させていただきます。
Posted by 豆狸 at 2010年12月10日 01:14
村Sanさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
私も槍はほとんど使用していないので、あまりたいしたことは言えませんが、返答させていただきます。
私が今回使ったのは、自宅に転がっていた鳶口用の木製の柄で、2m程の長さだったと思います。昨年は、1m程のカシの木を使いましたが、1mだとちょっと距離が近くて、万一の場合に突進を避けられない様な気がしますので、2mくらいが適当かと思いました。あと、2m位の距離だとイノシシの方も露骨に警戒するというよりは、ちょっと「なんだこいつは」くらいな感じで、やや油断しているようにも思えました。
長すぎるのも扱いづらそうですので、2mくらいでちょうど良いのではないかと思います。
Posted by 豆狸 at 2010年12月10日 01:26
お返事いただきありがとうございます。
やっぱり、2m位が使いやすい長さですかね。ビビリ症なので、遠くから処理できないか考えていました。
止め刺しについては、2点止めによる方法や、ネットを絡めて動きを制限する方法など考えていますが、なかなか「安全」といえるレベルではなく、いろいろと模索中です。
今期は、シカ1頭捕しましたが、その後足首を負傷し今期絶望といったところです。
また、情報交換などさせて頂ければ、うれしく思います。
Posted by 村San at 2010年12月11日 16:34
お返事いただき恐縮です。
雀の輸入がストップして以来、お客様の焼鳥専門店でもメニューから外しております。
しかし、ご年配のお客様でどうしても昔の味が忘れられない、という方々もおみえになります。
雀を確保するのは困難だということをご本人も理解されているようですが、懐かしい味というのは忘れられないのでしょうね。
昨年までは雀を食べたいがために名古屋から京都まで行ったそうです。
もし、ご協力いただける方がおみえになるようであれば、ご連絡いただけるとありがたいです。
お世話おかけします。
よろしくお願いいたします。
今後もブログ楽しく読ませていただきます!
Posted by 卸屋きのさん at 2010年12月11日 18:13
卸屋きのさん、こんばんは。
中国からのスズメの輸入が止まって、京都の伏見稲荷でもスズメの焼き鳥は国産で続けていた一軒を残して、あとは全部スズメはやめてしまいました。
ただ、中国産のスズメ(多くは時期を問わず捕獲していたため脂のノリもイマイチの事が多かったそうです)が出まわってから、スズメの味が落ちたということで客も減っていっていたそうですが。
ではでは、今後ともよろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2010年12月13日 22:23
随分のご無沙汰でしたがブログの方は時々拝見させて居りました。
随分ご活躍のようですね、何よりで御座います
鉄砲を持たない罠猟の方の悩みは何と言っても
止めの事に尽きる様ですね、槍で止めを刺すのが
一番無難のようですが、あまり長すぎると逆に狙いが付きにくく、一発で突き込むには、ヒトヒロ(1〜2メートル)も有れば充分です、当方は5〜60キロ位までならすべて腰鉈で頭(鼻先から目の間)を叩いて失神させて下顎廼周り際の頚動脈を左、右切って血抜きをします。  時には直ぐにワタぬきをします。   
何かの参考にでもなれば良いのですが、、、、。
くれぐれも怪我だけはしないように充分に気を付けて頑張って下さい。
Posted by 亀 at 2010年12月29日 17:05
亀さん、ご無沙汰しています。
槍はやはり一ヒロくらいが扱いやすいのですね。
しかし、60キロくらいのイノシシを剣鉈で失神させるというのはすごいですね。それはワイヤーに掛かったイノシシが自由に動き回れる時もそのようにするのでしょうか?
また、今年も色々教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2011年01月13日 06:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。