2010年12月28日

鹿ヒレ肉と椎茸炒め

前回の記事で書いたように最近は解体の前にヒレ肉だけさっさと抜いてしまっています。
で、それだけをいちいち真空パックして冷凍保存というのもめんどくさいので、そのまま食べてしまうことが多いです。
ヒレ肉というのは一般的には結構上質な肉であるとされており、シカ肉の中でもロースの次に価値があるとされています(内ロースという言い方をする人もいます)。
ヒレカツやヒレステーキなど美味しい食べ方は色々ありますが、今回は椎茸と炒めました。

PB301969.jpg
原木栽培の椎茸と一緒に

DSCF7029.jpg
イノシシの内臓脂からとったラードで炒めて

DSCF7025.jpg
知人が作った塩のみで味付け

DSCF7032.jpg
タダで一食分のおかずが完成!

・・・ただそれだけです。食材を得るための経費はそれなりにかかってますけどね(狩猟税や椎茸のコマ菌代とか)。来年は塩もつくろうかな。
posted by 豆狸 at 20:43| Comment(11) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄く美味しそうですね〜
ぜひ、やってみようかと思うんですが、イノシシの内臓脂からとったラードってどうやったら作れますか?よければご教授ください。
Posted by tamu at 2010年12月29日 00:07
当地も今日は雪です。
昨日、仕事納めということで、道具を一年の感謝をこめて手入れしました。刃境や、しのぎ筋、先廻などに刃毀れが目立ち、石見のたたら製鉄所で打ってもらった大切な包丁も酷いものです。

私も来年は還暦です。そこそこキツイ仕事ですので、そう長く現役は続けられないと思います。適当なところで引退しないと、若い人が育たないのは、どこの世界でも同じです。

今年はひょんなことから、豆狸さんと知り合えたことが収穫でした。私も来年は歌集を出そうかと考えています。ますますの健筆をお祈りします。

 
 還暦で弟子あり孫あり白髪あり泣きごと聞いてくれる者なし

 辞意示す弟子を引き止め脳裏には次の人繰り素早く描く

 スマートな職を探すと弟子去りぬひらがな多き辞表残して

 問題の所在わかれど届かざる円周上を歩くが如し

 家族のみかくまう傘の如きものあくせく築く一生(ひとよ)ならずや

Posted by 職人太郎 at 2010年12月31日 09:01
あけましておめでとうございます。

昨年は素晴らしい記事、お写真で楽しませていただきました〜。

今年も豆狸さんのお山ライフを楽しみにしています。


Posted by マンガ家 at 2011年01月03日 22:03
tamuさん、こんにちは。
ラードの作り方は、当ブログの「狩猟」というカテゴリーの中の「鳥獣の料理の仕方」というところに過去の記事がありますので、そちらを参考にしてください。わからないことがありましたらまたそちらにコメントいただければと思います。
Posted by 豆狸 at 2011年01月13日 06:20
職人太郎さん、おはようございます。
もう還暦ですか。伝統ある職業の後継者の問題はどこでも大変なようですね。
また、今年も色々お教えいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2011年01月13日 06:34
マンガ家さん、おはようございます。
年末はテレビで格闘技番組を見ながらマンガ家さんのことを思い出したりしていました(笑)
ブログの更新はありかわらず適当ですが、今年もよろしくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2011年01月13日 06:36
豆狸さん明けましておめでとうございます。

先日は丁寧なお返事ありがとうございました。

最近はきのこにはまってまして、スーパーのきのこをいろいろ試しています。
いままで、あまり意識してきのこをたべる習慣がなかったのですが、スーパーで「原木栽培」などと表記されていると何か言葉にできないわくわくを感じる今日このごろです。

個人的には、椎茸、舞茸、なめこは最高においしいですね。でも、ひらたけっておいしいですか?
スーパーで売っているものは、なにかミルクの腐ったような匂いがしてどうも受け付けられませんでした。
きのこの本を何冊かよみましたが、ひらたけは美味しいきのことされているので、きっと天然のひらたけはおいしいのでしょうね。

本の話になりますが、最近は椎茸ブームらしくきのこの本は非常に良い値段で取引されています。
また、原木やホダ木も高値で取引されているようですね。

がんに効く。元気になる。血液を綺麗にする。
こういった情報が静かなブームを呼んでいるのでしょう。きのこダイエット!なんてのも最近よく耳にします。
時期もちょうど良いことだし、私も椎茸の栽培にチャレンジしてみようと思っています。
東京でもできそうですし。

さて、また前置きが長くなりました。

今日は恐らく豆狸さんが答え難いだろう質問をさせて頂きます。
私にとっては本には書いてないので知りたい情報でもあります。

質問とは、どこできのこ採りをするかです。
「キノコが取れるポイントは親でも教えない」と申しますが、そういう意味ではありません。

ワナを仕掛ける場合もそうだと思いますが、日本のすべての領地はだれかが所有しています。

つまり(当たり前ですが)自分の所有する領地でない場所でイノシシをとったりキノコを取ったりするわけです。

いちいち、地主様に許可を取るのが正しいと思いますが、そうはしていないと思います。
狩猟であれば、害獣を退治する目的もあるので喜ばれる可能性もありますが、キノコを取ることは地主様の喜ぶところではありません。

そのへんって、なんとなく暗黙の了解で近くに民家などが見当たらなければ適当に取ってよいのでしょうか?

もちろん最低限のマナーは守るというのは当然ですが。

また、「よそ者」であるかないかも関係するのでしょうか?
東京者がたまに田舎に行って、勝手に山に入ってきのこを取り捲ったら怒られますか?

地元人が食べる分くらいならなんとなくいいよって感じでしょうか。

また、薪の調達についても少し考えました。
近くの空き地などの立ち枯れは何となく切り倒して、自分の薪にして良いのでしょうか。

これももちろん、よそ者がいきなりチェーンソーで木を切り飛ばしたら怒られますよねw

いやー。ちょっと嫌な質問になっちゃいましたね。
すみません。東京に住んでいると心が卑しくなってしまって嫌ですね〜ほんと。そんなことが気になってしまうのです;;
答えられる範囲で構いません。
よろしくお願いします。
Posted by さえぞ at 2011年01月16日 23:59
さえぞさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ヒラタケは知人が原木栽培したものを食べたことがありますが、まあ普通のきのこの味という印象でした。市販品は食べたことがないので、わかりませんが、ヒラタケはよく「何とかしめじ」という名称で売られていることが多いと聞いたことがあります。

さて、ご質問の件ですが、現在の日本の法律においては、狩猟を行うために山林に入ることは認められています(狩猟法で禁止されていない限りにおいて)。野生鳥獣はその土地の所有者の所有物ではなく、捕獲した者の所有物となります。
私の暮らす都道府県では、国有林の場合は銃猟の場合は入林届けが必要ですが、ワナ猟の場合は不要です。
そのうえで、私有地の場合はその土地の持ち主がわかるのであれば、話をしておくことは不要なトラブルが避けられてよいと思います。

キノコや山菜に関しては、厳密に言うと法に触れるでしょう。森林窃盗罪というやつです。
ただ、これらに関してはマツタケや希少植物などを除くとこういう法律的な問題になることはほとんどありません。むしろ、ご推測のとおり、地元の人達が毎年収穫しているような場所(入会地のように厳格な場所でなくとも)をよそ者が荒らしていることのほうが各地で問題となっているようです。

樹木に関しても法的には同様です。ただ、放置してある枯れ木を持ち帰って問題になることはまずないと思います。ただ、立ち枯れの木を切り倒すとなるとまた安全面など別の問題が発生する可能性もあります。その場合は所有者の許可をとるべきでしょうね。
Posted by 豆狸 at 2011年01月18日 01:10
豆狸さんこんにちわ。
お答えありがとうございます。

狩猟を行うために山林に入ることが認められているというのは、新しい情報でした!
野生鳥獣は捕獲した者の所有物。なるほど!

かなり勉強になりました。

きのこや樹木は、厳密にはダメなんだろうな・・
でも全部がダメってわけじゃないだろうな・・
と思っていたのですが、なんとなく思った通りでした。ありがとうございます。

椎茸栽培を行うには、生きた木が必要だと思いますが、それを得るのはかなり難しそうですね!

豆狸さんのように伐採の手伝いをして頂いてくるか、所有者さんとのコネなどがないと難しいように感じました。

東京で原木を得るには、ほぼホームセンター等で購入するしかありません。
10cmx90cmのもので450円くらいが相場です。

結構高いんですよね。
田舎がある友達等に頼んでなんとかならないかと模索中です。

ちなみに、駒菌を植え付けたホダ木は1000円〜2000円で取引されています。

って、どうしても金銭換算するのがクセみたいです。
では、また質問させて頂きますので、
よろしくお願いします。
新しい記事を楽しみにしています。
Posted by さえぞ at 2011年01月18日 11:56
豆狸さん
コメントありがとうございます。
内臓の中のアブラではなくて、内臓まわりのアブラだったんですね。
この方法は、一度ろうそくができないかと思い、試したことがあったので直ぐにわかりました。
今期は内臓をいろいろ加工してみたいと思っておりますので、何かよい手法があればまたアドバイスください。
ただ、今年に入って獲物が取れないです…。
キツネやタヌキばかりで…。
今期あと1〜2頭とれればって感じです。
Posted by tamu at 2011年01月26日 18:34
tamuさん、こんにちは。
内臓は処理に手間がかかりますが、その分いろいろ出来て面白いですよね。
私も時間があれば、腸を綺麗に処理して腸詰めソーセージをまた作りたいと思っています。

年明けはいろいろ会って私も思うように猟ができておらず、メスジカが1頭捕れたきりです。残りの猟期でお互いよい獲物が捕れると良いですね。
Posted by 豆狸 at 2011年01月28日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]