2011年01月29日

新年1頭目の獲物・シカ今期5頭目

1週間ほど前、今期5頭目となるメスジカが捕れました。ハラ抜き35キロでよく脂がのっていました。
年末から年明けにかけての大雪でワナが機能しなくなったり、新年早々に腰を痛めたりで、年が明けてからはワナを半分くらいにして短時間で見回れるようにして、ほとんどまともに猟が出来ていない状態でしたが、それでもシカはかかるようです。

P1192116.jpg
ダニが極端に少なかったです

ちなみに、このシカ、体についているダニが極端に少なかったです。普段だとシカ1頭に1000匹以上は余裕でついているダニが、このシカには約10匹。普通は、ハラを抜いて冷やすと毛皮の表面にたくさん出てくるのですが、このシカはほとんどいませんでした。2年前も同じ猟場で捕ったシカでダニが3匹のみという個体がいたのですが、一体なにが原因なのかサッパリわかりません。ちなみに、同じ猟場で捕った別のシカには普通にたくさんダニがおり、イノシシにもダニはたくさんいました。
どなたか同じ経験をしたり、原因に心当たりがありましたらお教えいただけたらありがたいです。

P1012107.jpg
こんな雪は久しぶりです

さて、雪がある程度以上積もると、雪の重みでワナが勝手に作動してしまったり、脚が輪っかに入る前にワナが作動してしまったり、ワナのトリガー部分が凍結して獲物が踏み込んでもワナが作動しなかったりして、ワナ猟はほぼ開店休業状態になります。

なので、雪の時は気分を切り替えて、自分の猟場全域を歩いてシカやイノシシの足跡を探します。雪の上の足跡はほんとに分かりやすいので、これまで気づかなかったイノシシのルートを発見できたりもします。また、普段分かりづらいノウサギやテンなどの足跡もよくわかるのでそれもまた楽しいです。普段羽音しか聞こえないことの多いヤマドリなども雪の中では姿が良く見えますね。

P1012113.jpg
だいぶ遠くで見つけたイノシシの足跡

気づけば、猟期ももうあと半月。もうイノシシは手の届くところにはいないようなので、シカをもう1頭くらい捕って今期は終わりという感じでしょうか。
posted by 豆狸 at 21:56| Comment(14) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今冬の雪は当地でも大変です。屋外の仕事が中心ですので、計画がベタ遅れもいいところです(笑)

シカとの遭遇は確かに多いようです。山奥に食べ物が少ないのでしょうね。たしかに雪の上の足跡も、想像が掻き立てられて面白いですね。

ノウサギの後をキツネがそっと付けていったのが歩幅でよくわかります。途中から足跡が乱れ、たぶんキツネは一気に猛ダッシュ。ウサギも捕まってはならじと、文字通り脱兎の勢いでブッシュの中に逃げ込んだ・・・なんてのが想像できます(笑)

私も今年は、遅れに遅れている岩波新書を上梓し、年後半は中公新書の続編の執筆に取り掛かるつもりですが、すでに刊行後10年以上を経過し、「版元品切れ」になっている本の増補改訂版も、どこかの出版社にお願いしないといけません。写真や図版が多いと、定価がどうしても高くなってしまう→結果、売れない・・の悪循環ですね。

Posted by 職人太郎 at 2011年01月30日 11:43
豆狸さん、こんばんわ。
鹿も猪も無理ですが(笑)今年は椎茸栽培に挑戦しました。
クヌギの木に駒打ちをして横に寝かし(下には石を)上から畳表を掛けています。
杉の葉を捜したほうがいいかしら?
Posted by mamaさん at 2011年01月31日 23:52
職人太郎さん、おはようございます。
こちらは雪は落ち着いてここ数日穏やかな日が続いていますが、そちらはいかがでしょうか。
沢山の本や原稿の締切に追われる日々は大変だと思いますが、伝統ある技術を記録に残しておくというのも大切な事だと思います。
くれぐれも無理なさらないようにしてください。
Posted by 豆狸 at 2011年02月08日 07:16
mamaさん、おはようございます。
椎茸栽培ですが、畳表で問題ないと思いますよ。杉の葉を載せておくのは、急激な乾燥を防ぐのと杉の殺菌効果で、雑菌の侵入を防ぐ目的があるのだと理解していますが、杉の葉を載せなかった時でも失敗した経験はありませんので。
来年が楽しみですね。
Posted by 豆狸 at 2011年02月08日 07:20
こんにちは豆狸さん お久しぶりです。今年に入り猪を3匹捕った以降何も捕れなくなってしまいました(涙)去年まで民家のすぐそばでウロウロしていた猪が最近は姿を見せてくれません。この時期になれば猪は山奥に入るんですかねぇ?くくり罠は今まで作っていた構造とは全く違った物を作りましたよ。部品代も今までより安く作れるようになりました(^-^)vあとは掛かってくれるかですが…。話しは変わりますが この時期の雄猪は匂いがあると豆狸さんの本に書かれていましたが、その匂いは食べれないくらい臭いのですか?ベーコンやハムなど香辛料を使う調理方でも匂いはあるんですか?
Posted by 夏菜 at 2011年02月14日 13:53
夏菜さん、お久しぶりです。
私の猟場でも年明けにはほとんどイノシシの気配のなくなる山もあります。基本的には餌の関係でしょうね。
ワナ、安く作れるというのはいいですね。いろいろ工夫するのも楽しいですよね。
あと、発情期のオスイノシシのにおいの件ですが、実は私はにおいに鈍感なので普通に食べられます。捕獲・解体時はにおいが気になりますが・・・。
いろんな人に食べてもらうと、約半数くらいの人が臭くて食べられないという反応をします。鍋にすると特ににおいが気になるようです。
ベーコンにした場合は、たぶん10人中9人位は大丈夫だと思いますよ。
Posted by 豆狸 at 2011年02月20日 10:58
こんにちは豆狸さん 返信ありがとうございました。僕の彼女は良く鼻の効く人だからベーコン等にして食べさせます。
この日曜に少し足を伸ばして今の猟場より離れた山に入ったらヌタ場を発見しました!足跡からみるとかなり大きい雌が子供を連れてるみたいです!!
猟期もあと少しなので最後にこのメスを捕まえて有終の美を飾りたいと思ってます(^_^)v
Posted by 夏菜 at 2011年02月23日 12:04
夏菜さん、こんばんは。
ベーコン、是非試してみてください。
最後に大きいメスが捕れたら最高ですね。
ぜひがんばってください。
Posted by 豆狸 at 2011年02月28日 21:25
こんばんは豆狸さん 一昨日の日曜日に4,5頭目の猪が箱罠に入りました(^_^)v狙ってたメスじゃなくてドンコ雄2匹でした。昨日、腹を抜き今日解体して少し食べてみましたが匂いはありませんでした。1月に捕った猪で豆狸さんのレシピを見てハムを作ったら皆に好評だったので今回はベーコンに挑戦しようと思ってます!
Posted by 夏菜 at 2011年02月28日 23:04
夏菜さん、こんばんは。
年明けの発情期で臭くなるのは50〜60キロを超えるサイズからだと言われていますので、ドンコだとニオイはまず問題ないと思います。
私も暖かくならないうちに燻製作りをやらないと。
Posted by 豆狸 at 2011年03月05日 21:45
こんばんは豆狸さん。僕はまだドンコしか捕ったことないから(>_<)雄の匂いは分かりませんが勉強になりました。有り難うございます(^_^)猟期中には大きい猪をと思ってますがむずかしいです(--;)
僕も今回捕った猪で薫製しようと思ってますが豆狸さんのブログのレシピでかなり勉強になります。今後も豆狸さんのブログで勉強していこうと思っていますので(^_^)vよろしくお願いします。
Posted by 夏菜 at 2011年03月07日 23:32
夏菜さん、ご無沙汰しています。
返事が大変遅くなり申し訳ありません。いろいろバタバタしていました。
燻製は色々工夫するのが楽しいと思います。
こちらこそ今後とも宜しくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2011年04月12日 05:38
お久しぶりです豆狸さん。猟期が終わり僕は猪の駆除隊に入りました。駆除隊に入り1匹目の猪が今日捕れました。他の駆除隊の人は埋没処理するみたいですが、僕は食べるつもりで解体しました。脂身は少ないですが食べれば美味しいと思うし命を奪うんだから食べて供養してやろうと思います。
山口はかなり暖かくなりウナギも釣れ始めました。もお蒲焼きも食べました(^-^)v来月辺りからスッポンも釣れ始ます。忙しくなりますがスゴく楽しみな季節がやってきました(*^^*)
Posted by 夏菜 at 2011年04月18日 21:57
夏菜さん、こんばんは。
私は所属する猟友会の関係もあり、イノシシ・シカの有害駆除に参加することはありませんが、せっかく捕獲するなら食べたほうがいいですよね。まあ、駆除に関する自治体との取り決めがどうなっているかにもよりますが。

ウナギにスッポンいいですね。私も今年は時間があればスッポンにチャレンジしようと思っています。またいろいろ教えてください。
Posted by 豆狸 at 2011年04月24日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]