2011年02月02日

冬の折り返し地点での薪の状況

今年の冬は大変寒く、我が家の薪ストーブも年明け以降ほぼ24時間、熾火が絶えることがまずありません。当然それに伴い薪の消費量も予定よりもだいぶ多いわけですが、今後の参考にするためにも現在の薪の状況を記録しておきます。

P2012126.jpg
薪ストーブのおかげで氷点下の外気でも室温は25度

今冬は、1年乾燥した40cm薪が1・8m×2・5mの薪棚に3枚ありました。薪の種類はほぼコナラ、クヌギなどの広葉樹で、1割ほど軽めの雑木が混じっていました。で、現時点での薪の消費量が薪棚1枚と4/5枚。完全にオーバーペースで、3月半ばくらいには足りなくなる可能性があります。ただ、薪の長さを揃える際に出た端切れの薪が結構たまっているので、それも使えば3月いっぱいは持つかもしれません。ただ、4月以降も寒い日はありますし、どうやら今年も裏山のよく乾燥した立ち枯れ木などを適宜下ろしてきて、なんとか乗り切るしかないようです。

P2012130.jpg
来冬の薪、積み直し中

P2012129.jpg
薪棚倒壊事故発生。これも来冬の薪

さて、次は来年の分の薪です。これはなかなか順調で、現時点でちょうど薪棚3枚分くらいのカシ・コナラの薪が既に完成しています。裏山にあと数本ほど枯死したコナラがあり、それを2月中に処理したらもう1枚分くらいにはなりそうなので、来冬の薪は心配いらなさそうです。なかなかいいペースなので、来々冬の薪までちょっと作っておくくらいでちょうどよいかもしれません。

P2012133.jpg
細めの枝は焚き付け用に

P2012138.jpg
割った薪はしばらくは広げて乾燥させる

あとは、お風呂用の薪ですが、以前もらったカイヅカイブキがまだたくさん残っています。お風呂の薪は消費量がたいしたことないので、まあ減ってきたら考えるというので問題ないようです。最近は、薪ストーブの薪を作ったあとの細い枝をその処分も兼ねて使っていますが、それでも十分お湯はわきます。

P2012132.jpg
お風呂の薪は十分

とまあ、こんな感じです。最近、空いた時間を見つけてはせっせとチェーンソーと斧で薪割りに励んでますが、あれ、まだ猟期が終わってなかったような・・・。
posted by 豆狸 at 00:10| Comment(2) | 薪生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、兵庫県の猟期は今年3月15日まで猪鹿のみ延長されています。しかし年明けからの寒波で罠は効きません。また親にはぐれた瓜坊は餌も取れずあちこちで死んでいます。
今年の猟は寒波が来るまでは順調でしたが、年明け以降パッとしません。
果たして来年の猟は今年ほど獲れないのではと思っています。
Posted by kurosibahanako at 2011年02月02日 09:53
kurosibahanakoさん、おはようございます。
こちらは鹿のみ1ヶ月猟期が延長されていますが、罠猟だとイノシシのことがあるのでちょっとやりにくいですね。まあ鹿道を選んで架ければ98%くらいは大丈夫だとは思いますが。
こちらも年明け以降はイノシシはかからないですね。ウリ坊の状況はかわいそうですね。こちらではそこまでの状況ではないようです。
今年の栄養状態では、来年はイノシシも子どもを産む数を減らすかも知れませんし、どうなるでしょうね。
Posted by 豆狸 at 2011年02月08日 07:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]