2006年05月26日

アサツキ

以前職場の裏山に生えていたアサツキを庭に移植しました。
ただ、会社の人はあれはノビルだという人もおり、どっちなのかなーと思ってました。
一般的にアサツキとノビルの見分け方は、たとえば断面がまるいのがアサツキでくぼんでるのがノビルだとか、鱗茎が白いのがノビルで、茶色い皮がついてるのがアサツキだとかいうのがありますが、わかりやすいのが花の時期にその花を見るという方法です。アサツキの花がきれいなピンク色なのに対して、ノビルの花は白く咲き、その後ムカゴが膨らんでいきます。これでかなりはっきりと区別できると思います。

アサツキの花.JPG
アサツキの花はきれいなピンク色

庭のアサツキはノビル同様、ネギがない時の代用品として利用しています。今はもう時期的に春先にきれいに立っていた葉っぱはへたってしまってます。庭では勝手にどんどん増えていってくれるのでなかなか便利です。

アサツキの鱗茎.JPG
アサツキの鱗茎


posted by 豆狸 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック