2011年05月13日

延長猟期のシカ

毎年、春先はバタバタしていたり、猟期後で気が抜けていたりしてブログの更新が滞るのですが、今年は3ヶ月近くサボってしまいました。すみません。ようやくちょっと余裕ができてきたので、またこれまで同様のんびりペースですが、ブログを再開していきたいと思います。

今回の記事は、ホントは3月に書いておかないといけなかった内容になります。

当地ではこの前の猟期から鹿のみ1ヶ月延長となり、3月15日まで捕獲可能となりました。私自身は猟期後は薪割りと家の補修・改修が忙しくなりそうだったのもあり、例年通り2月でやめましたが、一緒に解体を行なっている友人が2頭ほど捕獲したので、その解体は一緒にやりました。

P3072166.jpg
3月の1頭目のシカ

2頭とも3月に入ってからでしたが正確な日付は覚えていません。体重も図りましたが、いまいち記憶なし。
ただ、2頭とも骨格の割には痩せている印象でした。
で、実際に解体を始めてみると、内臓脂肪や肉についている脂身がほとんどなく、胃袋も猟期のシカよりはやや小さい感じで、やはり冬の間は食べ物が少ないんだということを感じさせました。

P3152181.jpg
3月の2頭目のシカ

肉質に関しては、見た目は変わらず、食べてみた印象もそんなに違いは感じませんでした。ただ、これに関しては、私は味覚に関してはかなり大雑把な方なので、味覚が鋭い人が食べたら違いがわかるかもしれません。ちなみに、鹿肉は一般的には夏場から秋にかけてよくエサを食べている頃が一番美味しいとされていますが、夏のシカは私は食べたことがないので、これまたどんな違いがあるのかはよく知りません。ご存知の方お教えいただけるとありがたいです。

P3072178.jpg
脂身は一切ありません

あと、気がついたのは、猟期中には見たことのない小さいダニの子どものような虫が股のあたりにたくさんいたことくらいです。

この春は我が家の近くのれんげ畑も花が咲いたと思ったら翌日にはほとんどシカに食い荒らされていました。来期は3月まで猟をしたほうがいいのかなあ・・・。

P4302184.jpg
関係ないけど、今春はたくさんタラの芽を食べました


posted by 豆狸 at 23:07| Comment(4) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ再開、大変嬉しく拝見いたしました。
日本は春、赤道を挟んだこちらは冬に向かっています。先日ストーブ用の薪を1立方メートル買いました。しめてA$220なり。
春からはミツバチの飼育や海や川での漁のシーズンで忙しくなりますね。次回のエントリー楽しみにしています。
Posted by 浦島太郎 at 2011年05月17日 11:46
いつも楽しく拝見させていただいたおります。
ブログ更新とてもうれしいです。
次回のエントリー楽しみにしています。
Posted by ウタマロ at 2011年05月19日 10:20
浦島太郎さん、ご無沙汰です。
そちらはこれから冬ですか。今日薪割りをしましたが、1時間ほどで汗だくになりました。もっと寒いうちにやっといたらよかったのですが。

今年はちょっと家の改築に力を入れているので、記事のエントリーが少なくなるかもしれませんが、今後とも宜しくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2011年05月25日 22:36
ウタマロさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ボチボチですが、また記事を書いていきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by 豆狸 at 2011年05月25日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。