2006年08月06日

日本海3回目

8月に入り、雨がまったく降らずさぞかし海の水も澄んできれいだろうということで、今年3回目の日本海素潜りに行ってきました。

今日は小さい魚は捕るまいと誓い、大きめの魚とタコ狙いでした。
潜ってみると、とりあえずは透明度が高く、なかなか快適でした。魚の目撃数自体は少なかったものの、潜ってて楽しかったです。くらげに2カ所ほど刺された以外は…。

今回の結果は、キジハタ30センチ弱1匹、ガシラ20センチ強1匹、タコ1匹でした。ほんとはタコをもう1匹とギンポという小さいにょろにょろ魚を突いたのですが、獲物袋から途中で脱出したようで陸に上がった時にはいなくなってしまってました。ギンポは天ぷらにしたらおいしいとのことだったので、やや残念でした。

060805_2357~01.JPG
赤い方がキジハタです

キジハタは関西ではアコウとも呼ばれ、夏の高級魚。刺身や湯引きがうまいとのことです。キジハタを突いたのは初めてなのでなかなかうれしいです。ずっと岩の下にいてなかなか突きにくかったです。ちなみにさばいた時、腹の中から5センチくらいのガシラが丸ごと出てきました。
友人もキジハタを2匹突いていたので、今回行った場所はなかなかのキジハタポイントだったと言えるかも知れません。

060805_2359~01.JPG
遠慮がちなサイズのタコ

さあ、次はさらなる大物を!

posted by 豆狸 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック