2006年10月15日

祝シイタケ発生

昨年の春に菌打ちしたキノコのうち、ついにシイタケが最初に発生しました。先週の月曜日くらいに幼菌を発見して、先週末にはもうそのサイズになってました。直径10センチ以上ある立派なシイタケです。
とりあえず、いいサイズに育ったのが4つ。まだこれから大きくなるドンコが10個くらいはあります。

シイタケ発生.JPG
立派なシイタケです

原木を比較したところ、ほとんど細い木に打ってるやつから発生しており、やはり細いやつの方が菌の回りが早く発生が早いというのはほんとのようです。ただ、キノコの生える年数は太い木の方が長いらしいですが。

今回のキノコはあまりに立派だったので、炭火で両面をじっくり焼いて、友人の発案でシイタケバーガーにして食べました。シイタケ2つで焼きおにぎり、ミョウガ梅酢漬け、ミツバを挟んで食いましたが、なかなか美味でした。

シイタケバーガーのパン.JPG
これで挟んで食べました。反対から見るとまるでどら焼き

これからどんどん生えてきたら、干しシイタケなども作りたいです。

※キノコの種駒菌はこちらを利用しました。

posted by 豆狸 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初シイタケおめでとうございます!
こちらは今年の春植えつけたので、来年になるかと思います。
シイタケは何年くらい取れますかねえ。3年くらいは取れるとは思うのですが、クワガタが多いこの島では、幼虫に菌糸を食い尽くされるのが先かも、、、それはそれで楽しみなのですが、、、
Posted by かけ出しの百姓 at 2006年10月17日 20:33
ありがとうございます。
シイタケは細めのほだ木でも3年はいけると思います。太いやつなら5年くらい採れるとシイタケの先輩に以前教わりました。
今日から明日にかけて久々の雨なので、またどんどん出てきてくれるかと思うとたのしみです。
Posted by 豆狸 at 2006年10月23日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25547751

この記事へのトラックバック