2012年06月21日

アラゲキクラゲ収穫

梅雨の時期、山の中に入ると結構な頻度でアラゲキクラゲに出会います。ただ、ブヨや蚊も多いのでアラゲキクラゲ目的で山に入ることはほとんどなく、ここ数年はアラゲキクラゲが生えている倒木を見つけたら、家の裏まで引っ張ってきて置いておくようにしています。そこを定期的にチェックすれば家で使う分くらいのアラゲキクラゲは手に入ります。

P6213353.jpg
本日の収穫です

P6213354.jpg
一番大きいのでこれくらい

ちなみに、民家周辺ではアラゲキクラゲはアカメガシワの倒木に生えていることが多いです。そして、我が家の駐車場に覆いかぶさるように生えているアカメガシワの幹にもアラゲキクラゲがたくさん・・・。車に倒れてこないうちにさっさと伐採したほうがいいですね。

P6213361.jpg
さっさと伐採してアラゲキクラゲの原木にしようかな

アラゲキクラゲは普通のキクラゲ
より大きく、食感がコリコリしています。我が家周辺ではアラゲキクラゲが多く見られます。そのままでも炒めものや酢の物、汁の実などに利用できますが、たくさん採れたら普通のキクラゲ同様、乾燥して保存しておきます。
明日も雨みたいだし、猟場のチェックも兼ねてキノコ探しをするのもいいかも。

P6213359.jpg
連日の雨でブヨブヨになったハナビラニカワタケ(可食)


−関連記事−
◆アラゲキクラゲに関する過去記事1
◆アラゲキクラゲに関する過去記事2 
◆アカメガシワ伐木とアラゲキクラゲ(20130207)

◆普通のキクラゲ


posted by 豆狸 at 22:10| Comment(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。