2006年11月29日

ハバネロ瓶詰め

苗をひと株買って庭で育てていたハバネロが20個ほど実をつけました。
その内の真っ赤になってるやつを収穫し、調味料を作ることにしました。
ちなみに今回のハバネロは我が家周辺の猿が見たことなかったのか、猿が襲来した後、一つの実が半分かじられて落ちてました。その猿がどんな顔をしたのかと想像するとちょっと愉快です。

今回のイメージは沖縄のこーれーぐす(唐辛子の泡盛漬け)です。ただ、もう少し汎用性を持たせるために、酢も入れることにしました。

ハバネロ収穫.JPG
かなりかわいいです

作り方は以下の通り。

1.洗ってよく乾かしたハバネロを半分か4分の1にカットし、種を取り除く。これは種に毒性がある場合があると聞いたので。ちなみにこの際素手でやるとかなり大変なことになるので、今回は薄いビニール手袋をしてやりました。

2.瓶にそのハバネロを詰め、そこにお酢と焼酎を好みの割合で入れます。今回は半々くらい。焼酎は度数が高い方がいいと思ったので、今回は手作りの50℃弱のリンゴ焼酎を使用しました。

3.これで完成。保存は多分常温でいいと思いますが、冷蔵庫のほうがより無難かと。

ちなみに、ちょびっとなめてみたらすでに激辛だったので、もう少し大きめの瓶に移してすと焼酎の量を増やしてもいいかもと思いました。

うどんとかを食う時に入れたり、餃子とかを食べる時にも使えそうです。
カレーを辛くしたい時にも便利かな。

ハバネロ瓶詰め.JPG
もうちょっと使いやすい瓶に移したいですね
posted by 豆狸 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28504616

この記事へのトラックバック