2016年01月30日

フキノトウ

例年、フキノトウは2月に入ってから採っている印象がありますが、今年は暖冬のせいか、1月上旬に既にチラホラ目に付きました。七十二候の款冬華(フキノトウがつぼみを出す)は1月20日頃なので、やはりちょっと早いのでしょうか。

KIMG2824.jpg
お正月に撮影

フキノトウの食べ方としてはやはり何と言っても天ぷらがよいでしょう。あの独特の香りと苦味が春の訪れを感じさせてくれます。そんなに頻繁に食べるものではないですが、この時期に1回は味わっておきたいもののひとつです。

IMG_20160127_173010.jpg
というわけで、ちょこっと採ってきました

ちなみに、天ぷらにするなら開く前がベストです。開いてしまうとどうしても蕾の部分がぱさついてきます。

フキノトウ初物.JPG
こんな感じで開いてきて…

初フキノトウ.JPG
これぐらい開くともう花も開いてきています

開いてしまったフキノトウはフキ味噌にして食べるのがおすすめです。
さて、採ってきたフキノトウは周りの汚れているガクっぽい部分を剥ぎ取ります。

KIMG2965.jpg
きれいな緑色が出てきます

そして、残ったきれいなガク部分を手で開きます。天ぷらはそのまま揚げても良いですが、こうやって開いて揚げたほうが、パリッと揚がるし、見た目もかわいらしいです。

IMG_20160127_194421.jpg
こんな感じに開きます

あとは衣をつけて揚げるだけ。天ぷらと行っても卵などは必要なく、小麦粉を水で溶いたものを付けるだけです。この時期は他に野草では、セリやヨモギなんかも手に入るので一緒に採ってきて食べてもよいですね。

IMG_20160127_194522.jpg
ふきのとうだけだと寂しいので、シカのヒレ肉も一緒に天ぷらに

KIMG2972.jpg
贅沢な晩ごはんとなりました


−関連記事−
◆フキ味噌レシピ
◆フキ味噌に関する過去記事


posted by 豆狸 at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 山菜・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふきのとう可愛いですよね〜。

何故可愛く感じるのか謎ですが
見かけると嬉しくなります。
Posted by マンガ家 at 2016年01月31日 19:20
マンガ家さん、おはようございます。
フキノトウは、なんとなくまだどんよりとした色合いの早春の野山に、輝くような黄緑色で突然ヒョコッと現れる感じがすごいのだと思います。採って食べるかどうかは別にして見つけたら嬉しくなるのは間違いないですね!
Posted by 豆狸 at 2016年02月01日 06:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。