2005年02月02日

鳥獣の料理の仕方

鳥獣肉の料理の仕方に関する記事です。
鳥獣肉の料理は定番の牡丹鍋や鹿刺し、鴨スキなどを除くとフランス料理などになってきて、結構普通に作れる料理のレシピが貧困なので、そういったものを載せていけたらと思っています。

あとは、鳥獣肉は臭いという偏見もなくしたいですね。捕獲後すぐに血抜きして冷やした鳥獣肉は臭くも何ともありません。「牡丹鍋は味噌味で山椒を利かせて…」とか言いますが、私や友人達は水炊きであっさりポン酢で食べています。むしろ薄味で食べた方が家畜・家禽肉にない肉の旨味を味わうことができます。

なお、鳥獣肉の燻製については別ページで詳しく紹介しています。
CA340009.jpg

イノシシ
牡丹鍋 茹でシシ 猪モツ煮込み ホルモンの網焼き 油かすとラード 油かす入りお好み焼き ナメコの猪汁 猪ホルモンスープ 猪骨スープの素 猪モツ煮込み2008 猪骨スープ2008 ヒレカツ フルコの丸焼き
猪の大腸の処理

シカ
鹿肉の時雨煮 鹿肉シーチキン 鹿刺し 鹿肉のタタキ 鹿カツ
鹿ミンチの利用鹿肉ハンバーグ ヒレ肉と椎茸炒め
※鹿しぐれ煮の保存に関して
※猪脂と鹿脂の融点の違い

最近の獣肉料理
posted by 豆狸 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック