2014年03月17日

西洋ミツバチ内検2回目

今日、西洋ミツバチ2群の内検の2回目を行いました。今回の目的は、前回見つけられなかった女王蜂の発見と、この一週間での貯蜜状況の変化、育児の状況の確認です。

P3175559.jpg
内検前のミツバチ。暖かいので順調に花粉集め中

P3175560.jpg
今から内検するのが申し訳ないくらい、せっせと活動しています

P3175562.jpg
巣門を出入りしているミツバチを眺めるのはすごくたのしい

さてさて、今日は内検をするんだった。ミツバチに「内検しまーす」と声をかけてから、おもむろに蓋を開けます。西洋ミツバチ飼育はまだ初心者なので、燻煙器を使って慎重にやります。

P3175571.jpg
蓋を開けたらまず軽く煙をかける

P3175573.jpg
現在は巣枠は5枚です

P3175576.jpg
1枚ずつ持ち上げて確認。面布に手袋、仰々しい格好です(笑)

P3175592.jpg
育児エリアを確認。順調な感じ

P3175588.jpg
貯蜜もちょっと消費したようだけどまだまだたっぷり。

P3175578.jpg
今回は女王蜂も無事確認。携帯を持っている手の中指の先のあたり

P3175595.jpg
巣の底で死んでるような蜂もいないし、問題なし

という感じで、無事に2回目の内検を終えました。次回の内検では、巣礎枠を追加しようかと検討中です。
最近、どんどん畑や野原で花が咲き乱れてきて、いい感じです。ちなみに、ハウスはちょっと準備が遅れてまだ屋根のビニールが張られていないので、今のところ2群はほぼ同条件で飼育中ということになります。



posted by 豆狸 at 23:01| Comment(2) | 養蜂日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いですね
巣箱は手作りですか?作り方を教えて下さい
Posted by ボヤッキー at 2014年03月18日 06:25
ボヤッキーさん、こんばんは。
お返事遅くなりました。
巣箱は既製品を使っています。ニホンミツバチと違い、西洋ミツバチの養蜂は統一規格のものが市販されています。
Posted by 豆狸 at 2014年04月01日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]