2014年10月13日

スッポン捕獲

相変わらず更新の少ないブログですが、先日スッポンを獲ったので久々に記事をUPします。
今年の夏は私の友人界隈でスッポン捕りがちょっとしたブームです。一番効率よく捕れているのはカニカゴでしょうか。私の場合は、これまでは鮎捕りなどに行った際に、延縄を入れておいて獲ったりしていました。

KIMG0321.jpg
友人宅で泥抜き中の可愛いサイズのスッポン

ただ、今回のスッポンは手づかみ(笑)

ある真面目な用事で初めて訪れる海辺の街を歩いていると、海につながる用水路に大量のボラがいるのが見えました。「海が近いっていいなー」なんてのんきに眺めていると、その中に1匹だけ異質な生き物が!
それは甲長30cmはあろうかと思われるスッポンでした。その日は書類の入ったかばんしか持っていなかったのですが、さすがにこのサイズのスッポンを見つけて放置して行くわけにはいかずしばらく様子見。

KIMG0594.jpg
なかなかのサイズ。甲長27cm

すると、うまい具合にこちらの気配を感じたスッポンが砂の中に潜りました。甲羅干しや泳いでいるスッポンは亀とは思えないくらい早く逃げますが、一旦隠れた(つもりになっている)スッポンは近づいてもじっとしている事が多いです。

その後の用事のことも忘れて、意を決して川の中へ。砂の中のスッポンを後ろからわしづかみにし、見事ゲット。しかし、入れ物も何もなかったので仕方なく来ていた服を脱いで、袖を縛ってその中に入れて何とか捕獲完了。人通りのない場所だったからできた捕獲劇でした(笑)

KIMG0622.jpg
このサイズのスッポンに噛まれたら大事です

で、捕獲したスッポンちゃんは現在臭み取りのための泥抜き中。1ヶ月ほど泥抜きして、その後さばいてから冷凍し、真冬に鍋にでもして食べようかな。

あと、川つながりで最近の獲物を紹介。

KIMG0050.jpg
最近定番になっているテナガエビたっぷりカップラーメン(笑)

KIMG0748.jpg
子どもたちが獲ったサワガニとゴリの素揚げ
posted by 豆狸 at 22:28| Comment(3) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

あっしもスッポンを獲りたいと思ってたんですが砂抜きしないといけないんですね。。。長いこと熱帯魚やってた経験があるので水作りは出来ますが、1ヶ月は長いですね〜

ちなみに大きめの水槽でやるんですか?

途中から愛情が湧いてきそう(笑)
Posted by やんま at 2014年10月16日 00:16
やんまさん
こんにちは。お久しぶりです。
スッポン泥抜きは、クーラーボックスの中でやってます。逃亡の危険があるので。
この方が姿が見えないので、情も移りにくくてよいですよ(笑)
Posted by 豆狸 at 2014年10月18日 09:42
 僕も昔近所の川へ友達と鯉を狙いに夜釣りに行ったときに、間違って?すっぽんが掛ってしまいました。(友達が...)友達が釣ったすっぽんを譲ってくれたのでとりあえず泥はきさせてから考えようと思いバケツに入れておきました。ある日の夜、大雨が降り次の日にはバケツがあふれていました。そして奴もいませんでした。
Posted by 奥田義治 at 2015年03月08日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]