2005年02月06日

モクズガニの捕り方

モクズガニ捕りに関する記事です。

IMG_czuu47.jpg
オスの大きいやつはこれくらいのサイズです

モクズガニは、中華料理の高級食材である上海ガニとごく近縁の種のカニで、昔から川沿いに住む人々の間では食べられてきたカニです。
モクズガニは川を下って汽水域で産卵するのですが、私が捕りに行く辺りは9月のだいたいこれくらいの時期に河口に下ってきます。

KIMG0153.jpg
お腹側を見ればオスメスがわかるのは他のカニと一緒

さて、モクズガニを捕る方法は大きく分けて3つです。

1.カニカゴ
これは前日の夕方に市販のカニカゴに餌を入れて、カニの通りそうなあたりに放り込んでおいて翌朝引き上げて捕獲する方法。カニカゴをたくさん仕掛ければ、数は捕れるが、カニカゴがかさばるので遠出の際にはちょっとめんどくさいかも。あと、一晩待つのが大変。

↑一番標準的なカニカゴです。折りたためるので便利です。

↑こちらのタイプは入り口がぴっちりとは閉まってはいないので、魚やテナガエビなども入りやすい構造になっています。

中に入れる餌はサビキで釣ったアジや魚屋でもらってきたアラなどでよいです。
鮎なども好むようです。
仕掛けるのは、まあ夕暮れから翌朝くらい。場所は水の流れがある程度あり、カニの歩きそうなところ。うまく行けばひと晩で10匹くらい入りますよ。

TS330044.jpg
私が使ってるのは、普通のタイプの方です。


2.見釣り
明るい時でも川面を眺めていると意外と石の下の方から爪だけ出したモクズガニが見つかります。それの前に糸に餌を付けたものをちらつかせて釣ります。一番ゲーム性があってたのしいです。
モクズガニ釣りの詳しいやり方はこちらの記事を参考にして下さい。


3.タモすくい
これが一番手っ取り早い。夜に懐中電灯で照らしながら川の近くにいるやつを豪快にすくいます。川の中まで入る人もいます。

TS330045.jpg

モクズガニ捕りの記録
モクズガニ40匹(20100918)
モクズガニ釣り・4匹(20090918)
モクズガニの釣り方・50匹(20060927)
初モクズガニ捕り・28匹(20060914)

モクズガニ料理
モクズガニドリア
カニ汁の作り方

参考書籍
↓仁淀川の職業川漁師の宮崎弥太郎さんの聞き書きをまとめた本で、モクズガニだけでなく、ウナギ、アユなどの捕獲法や扱い方などが詳しくまとめられていてかなり参考になります。

『仁淀川漁師秘伝』
作者:宮崎弥太郎、かくまつとむ
出版:小学館
発売:2001/1/1

↓あと、この本を子ども向けにした本も出版されていますので、お子さま向けにはこちらをどうぞ。ただ、現在は2冊とも絶版のようなので、古本屋なんかで探すしかないかな。

『魚とり名人・弥太さんの川遊び学校』
作者:宮崎弥太郎、かくまつとむ
出版:小学館
発売:2002/8/1
posted by 豆狸 at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モズクガニが簡単に捕獲出来るなんていいですね。
私はやった事ないですが福井県の川で捕れるってのを聞いた事あります。一度やってみたいもんです。
Posted by ヨシノブ at 2011年07月07日 11:20
ヨシノブさん、こんばんは。
モクズガニはダムなどのない海とつながっている川には大概どこにでもいるので、一度チャレンジしてみてください。
Posted by 豆狸 at 2011年07月10日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42382337

この記事へのトラックバック