2007年05月27日

今季初コアユ投網!

小鮎の投網漁には、毎年なら6月に入ってから行きますが、今年は小鮎がなかなか良いとの情報を聞いたので、先日行ってきました。

DSCF0450.JPG
投網で捕るのは気持ちいいです

行ってみると、岸際にかなりまんべんなく寄ってる感じで、流れ込みのそばには結構大きいやつの群れもありました。
1年ぶりの投網で最初ちょっとまごつきましたが、地元の子供などと戯れつつ、1時間ほどで150尾の漁果。なかなか順調でした。
サイズは大きいやつで15センチくらいあるやつがざらにおり、例年と比べて小鮎の成長の良さを感じました。

DSCF0487.JPG
なかなか良いサイズです

で、今回は甘露煮にしようと腹を帰宅後出しましたが、今年は脂のノリが尋常じゃなかったです。餌が豊富なんでしょうね。まず腹を出そうとするとウンコがすぐモリモリ出てきて、腹がパンパン。そして内臓のそばには内臓脂肪がたくさん付いてます。小鮎の腹を出しててあんなに脂まみれになったのは初めてです。

DSCF0460.JPG
今年はなかなか楽しめそうな予感がしました。

posted by 豆狸 at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り・漁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ〜〜〜琵琶湖ですか?

私は 昨日 お顔の潰れた養殖鮎の塩焼きを食べました。。。変形の顔の説明を聞いていると・・・食欲が失せてしまいました。。。
Posted by びわこ at 2007年06月03日 13:00
奇形の鮎ですか…。
確かにあんまり食べたくないですね。
ちなみにどんな説明だったのでしょう?
Posted by 豆狸 at 2007年06月04日 22:33
投網ができはるなんて素晴らしい!
憧れです!
ネットで四国に投網大会みたいなものがあると聞きいこうかななんて思ったぐらいです・・・。投網と魚の手づかみは、いつかは、やりたいことの一つです。
Posted by のんびり3939 at 2007年06月14日 06:24
のんびり3939さん、ようこそ。

投網は出来る人に教えてもらえば、普通のサイズの網なら1時間も練習すればだいたい広がるようになりますよ〜。

四国の川漁師の人が舟の上から使うような大きいやつはなかなか難しいですけどね。
Posted by 豆狸 at 2007年06月14日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック